韓国ドラマ「風の国」21話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「風の国」21話あらすじ(ネタばれ)です。  

主演:ソンイルグック(ムヒュル役)、パクコンヒョン(トジン役)、チェチョンウォン(ヨン役)、チョンジニョン(ユリ王役)、イチョンウォン(ヘミョン役)、オユンア(ヘアプ役)、キムジェウク(チュバルソ役)、チャンテソン(マロ役)、キムサンホ(マファン役)

プヨが攻めて来たことを知り、宮殿に戻るムヒュル王子。
先制攻撃を掛けないといけないとユリ王に進言するムヒュル王子であった。

ヨンをプヨ国に連れて行こうとするが断られるトジン。
プヨに戻り、身分がばれない様にするから、戦闘に参加したいとテソ王に頼むトジンであった。プヨ軍の先鋒に立つことになるトジン。

高句麗陣営の幕屋で。
ヤツらが同盟国を攻撃すれば大きな打撃を受けます。私に兵を預けてくれれば、ヤツらの後方を攻めます…と出陣するムヒュル。
プヨのフギョン(黒影)に化け、補給部隊を攻めるムヒュルであった。

清国が寝返って、撤収し、プヨ国と同盟を結ぶと…情報がユリ王の元へ。
チェガも撤収する…と。
攻撃を開始するプヨ軍。王様、私が出陣します。私が王子として資格があるのか、自分自身で確認したいからです。自分に課せられた運命を脱ぎ捨てる機会であり、堂々と立つ為の機会です。どうか、出陣を許可してください…とユリ王に頼むムヒュルであった。

出陣するムヒュル。プヨの大軍の中から、車輪に鉄の剣先を付けた馬車が…。
弓矢で退却の信号を送るムヒュル王子。王子が退却する時間を稼げ…と戦い続けるヘアブ長官。一方、大敗したことを知り、ムヒュルの性格を知っているじゃないですか、ムヒュルに退却を命じてください…とユリ王に頼むセリュ王女だが…。
退却して来たヘアブ長官。ここにいてはいけません。後方軍まで退却してください…と言うヘアブ長官に、このままでは帰れません。準備が出来次第、もう一度攻撃します。高句麗の王子が生き残る為に、兵の死体を乗り越え、逃げて来ました。絶対に戻りません…と言い放つムヒュル王子だが…。何の計画もなく攻めれば、残った兵士も失います…と反対する配下の進言に従い戻るムヒュルであった。

敵の戦力を把握できませんでした。今回の大敗は私の責任です。私に罰を与えてください…とユリ王に言うムヒュル王子であった。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 風の国 and tagged .