韓国ドラマ「風の国」22話

スポンサーリンク

「風の国」22話あらすじ(ネタばれ)です。  

主演:ソンイルグック(ムヒュル役)、パクコンヒョン(トジン役)、チェチョンウォン(ヨン役)、チョンジニョン(ユリ王役)、イチョンウォン(ヘミョン役)、オユンア(ヘアプ役)、キムジェウク(チュバルソ役)、チャンテソン(マロ役)、キムサンホ(マファン役)

私に罰を与えてください…と言うムヒュルに、どんな罰を与えれば、お前の罪が消えるんだ…と言い放つユリ王。
撤収すると言うピリュ軍指揮官ペグギに、俺の命なくして、兵を撤収させるなら、反逆したとして始末するとチェガに剣を向けるユリ王であった。

王子の元へ連れて行って…とマファンに頼むヨンだが…。
ピリュ軍がユリ王と王子を殺そうと計画していることを知り、マファンと共にムヒュル王子元へ向かうヨン。
戦略物資を輸送中に、プヨ軍に捕まるマファン達であった。

弱点を探して来る…とマロを連れて、敵陣に行くムヒュル。
軍営に戻り、敵陣に行って来ました。戦車部隊に勝つ方法を探して来ましたとユリ王に報告するムヒュル王子であった。
私にもう一度だけ機会を与えてください…と頼むムヒュル。全ての兵の指揮権を今からお前に与える…と命じるユリ王であった。
チェガの陣営に入り、俺は高句麗の王子、ムヒュルだ。お前達が高句麗の兵士ならば、武器を捨て、膝まづけと言い放つムヒュル。
膝まづく兵士達。今から、全ての高句麗の兵の指揮は俺が取る…とピリュ軍指揮官ペグギに言い放つムヒュル。

攻撃しろ…とプヨ軍全兵に命じるトジン。
一方、盾部隊を前面に出し、陣形を取らせるマロ。盾で戦車を転覆させ、弓矢で攻撃する高句麗軍。
大敗し、退却するプヨ軍であった。
プヨに撤収する命を下すテソ王。
プヨに連行されるマファン、ヨン。隙を見て逃げ出したが、ヨンが弓矢で射られ…。捕まってしまうヨン。

戦争中にペグギが反乱を起こした。サンガの生死を確認し、チェガ会議の責任者に復帰させろ…とムヒュル王子に命じるユリ王。
ペグギを連行しようとしたムヒュルだが、ピリュには何の問題もないから、帰ってください…と言うサンガ。

戻って来たマファンに、ヨンがプヨ軍に連れて行かれたと知らされるムヒュル。
一方、トジンによって助けられるヨンだが…。お兄さん…私を高句麗に戻してください。私の心の中にはあの人しかいません。初めて、あの人の傷を治療してあげて縁ができ、その後も、傷ついたあの人を診てきましたが、あの人と一緒にいれば、私の痛みが癒されていることを感じたの。もう、あの人がいなければ、あの人から離れて生きることはできないわ。どうか、私を高句麗に送って…と言うヨンに、見ていろ。今から俺がムヒュルをどのようにつぶすか、お前の心に痕跡すらのこさないようにする…と叫び、部屋を出て行くトジンであった。

ユリ王とムヒュルを殺し、王に捧げます…とテソ王に言い放つトジン。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 風の国 and tagged .