韓国ドラマ「風の国」23話

スポンサーリンク

「風の国」23話あらすじ(ネタばれ)です。 
                                
主演:ソンイルグック(ムヒュル役)、パクコンヒョン(トジン役)、チェチョンウォン(ヨン役)、チョンジニョン(ユリ王役)、イチョンウォン(ヘミョン役)、オユンア(ヘアプ役)、キムジェウク(チュバルソ役)、チャンテソン(マロ役)、キムサンホ(マファン役)

高句麗に戻って来たトジンに会うムヒュル。
信じられる者がお前しかいなくて頼みに来たと言うムヒュルに、そんな力はない。私を信じると言いましたか。いいでしょう。私も一時は王子様を死ぬまで一緒に行く友だと思っていたので、私の質問に答えてくれれば、王子様を手伝います。ヨンを探して王子様の元へ連れて行けば、王子様はヨンの為に何をしてあげられますか…。王子様の傍にいればヨンがもっと危険になるのにヨンをどうしようというのですか…。友として忠告します。今王子様がしなければいけないことは、ヨンを探すことではなく、自分の身辺を守ることです。戦争はまだ終わっていなく、この瞬間にも王子様の命を狙っていることに注意しろということですと言い放ち去るトジンであった。

チェガ及び配下達を集め、大きな犠牲はあったが、我々は勝利した。俺は征服戦争を開始する。その為には内部の結束を固めないといけない。俺は世継ぎを宣布する。世継ぎは1ヵ月後に決定する。誰が世継ぎになるか公開はできないが、ひとつ明らかなことは、世継ぎとなった王子は、ピリュ国の女性と結婚することになる…と言い放つユリ王であった。

ムヒュルとヨジンを呼び、お前達に課題を与える。この国と民の為の新しい政策を確立することだ。その政策は、世継ぎになればすぐに実施するから、実施可能なものでなければならず、全ての民が恩恵を受けられれるものでなければいけない…と言い放つユリ王であった。

一方、一般の女性として過ごしたい…と頼むヨンに、身分を回復して、プヨの王女として、プヨ城で過ごせ…と命じるテソ王であった。

俺と行くところがある…ムヒュルを呼ぶユリ王。
川辺で。どんなに努力しても、世間は父と俺を比較して、弱い王だと。長い間、俺の心に持ってきた父の影を取り除きたい。高句麗の力を結束し、父を乗り越える機会が来た…と言うユリ王に、私がする仕事は何ですか…と聞くムヒュル。

俺はこの国の世継ぎをヨジンにするつもりだ。俺がヨジンを選ぶことは、お前の能力が不足しているからではない。俺がお前を選ぶことができないのは、俺がチェガを制圧できる強い王ではないからだ。今、俺に力がないから、チェガを引き連れていかなければならない。その為には、内部を結束させることのできる世継ぎが必要だ。ヨジンが適任者だ。お前がヨジンを助け、父の願いを遂行してくれるか…と聞くユリ王に、はい、従います…と答えるムヒュルであった。

プヨと清国が合同演習を行うことを聞き、清国の兵の元へ向かうムヒュル。清国兵に、弓矢を放ち、一掃するムヒュル。
そこへ、トジン率いるプヨ兵が…。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 風の国 and tagged .