韓国ドラマ「エデンの東」29話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「エデンの東」29話あらすじ(ネタばれ)です。     
                         
主演:ソンスンホン/キム・ボム(青年期)(イドンチョル役:カジノ経営者の 右腕でマフィア) 、ヨンジョンフン(イドンウク役)、イダヘ(ヘリン役:韓世日報のミン会長の娘)、ハンチヘ (チヒョン役)、ユドングン(クック会長役:カジノ経営者)、チョンヘヨン(ジェニス役:国 際的ロービースト、武器商人)、チョミンギ(シンテファン役)、キムソンギョン(オ会長:テ ソングループ会長)、シンウンジョン(ミエ:看護士)、パクヘジン(シンミョンフン役:シン テファンの息子)、イヨニ(ヨンラン役:クック会長の娘)

ヘリンを手伝い、韓国に帰国するドンチョル。
特殊部の検事になった弟ドンウクに会い…。
空港で、ヨンランを待つドンチョル。
マイクは…と聞くドンチョルに、首を振り微笑むヨンラン。
車の中で、ありがとう。イドンチョル氏…と言うヨンランに、顔を見せられないのか…と聞くドンチョル。マカオ出張の度に、俺を避け、顔を1回も見せたことがなかったじゃないか…と言うドンチョルの前で、サングラスを外すヨンラン。
ずいぶん痩せたな…。マイクと幸せに暮らしていたんじゃないのか…と言うドンチョルに、サングラスを掛け、幸せだったわ。いや、幸せよ。私が不幸だという期待はしないで。マイクは、イドンチョルという人より私を愛しているわ。知らないの…と言い放つヨンランであった。

ヨンランをクック会長の元へ連れて行くドンチョル。
お前がいない時に、チョントゥッポが来た。チョントゥッポがカバンを持って、俺の金庫が一番安全だ…と言って、そのカバンを保管している。これが金庫の番号だ。金庫の中に黒いカバンがある。それを持って来い…とドンチョルに命じるクック会長。

金庫を開けようとするドンチョル。そこへ、やめて…とヨンランが…。
お父さんの娘はまだ死んでない…と。

HK銀行合併祝賀会で。
レベッカと共に、お客を迎え、お客に紹介されるドンチョル。

地下食堂でドンウクを待つヘリン。
おめでとう。特殊部勤務…と言うヘリンに、久しぶりだな。ミンヘリンの力で韓世日報が変わったという話もでている…と言うドンウク。後継者としてうまっくいっているのか…と言うドンウクに、記事が鋭くて何をするの…韓世日報が赤字なのに…と言うヘリン。
韓世日報のパートナーがしっかりしているのに、何を言っているんだと言うドンウクに、婚約指輪のない手を見せ、そうなったの。ドンウク氏が私にくれた自由をしっかり使って戻ってきたの。誤解しないで、負担に思わないで。自由がどんなにいいのかよくわかったわ。愛が何で…、家柄が何で…、そんな物に束縛されて生きたくないわ。ただ、ミンヘリンとして生きるわ…と言うヘリン。ミンヘリンらしいな…と言うドンウクに、その言葉、気に入ったわ…と言うヘリンであった。

駐車場で、車越しに、黒いカバンを渡すドンチョル。次話へ。

スポンサーリンク