韓国ドラマ「風の国」25話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「風の国」25話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:ソンイルグック(ムヒュル役)、パクコンヒョン(トジン役)、チェチョンウォン(ヨン役)、チョンジニョン(ユリ王役)、イチョンウォン(ヘミョン役)、オユンア(ヘアプ役)、キムジェウク(チュバルソ役)、チャンテソン(マロ役)、キムサンホ(マファン役)

マロとマファンの協力で、ヨンに会いに行くムヒュル王子。
小屋で、これを探しているんですか…と木彫りの人形を持つムヒュルが…。
ヨンを抱き寄せるムヒュル王子。王子様が長い苦難を乗り越えて、自らの場所に立たれたように、私も自分の場所を探しました。私はプヨの王女で、王子様は高句麗の世継です。もう、私達がこうやって会うことはないでしょう。会ってはいけません…と言うヨンに、そういえば、私の心が楽になると思うのですか。私を恨んでくださいと言うムヒュル王子。
私達の縁がこうやって終わるのは、王子様のせいではありません。王子様を選んだのは、私で、もう、私自ら王子様との縁を忘れようとしているのです。王子様も私を忘れてください。これまでの私への配慮と愛、死ぬまで忘れません…と泣きながら去って行くヨン王女であった。

神殿で世継の儀式を行うユリ王。
高句麗の大王ユリが天に宣言します。私の第3の息子ムヒュルを世継にし、王妃を迎えますので、二人の未来を見守ってください…と天に祈りを捧げるユリ王。
この剣は高句麗の世継に受け継がれる物だ…ムヒュル王子に剣を授けるユリ王。
この鏡は王妃に受け継ぐ物だ。民の母として…大切にしろ…と王妃に鏡を授けるユリ王。

使節団の前で、世継ムヒュルと王妃を紹介し、祝杯をあげるユリ王。
涙しながら、ムヒュル王子を眺めるプヨ国、ヨン王女。
そこへ、ヘアブ長官が…。王妃が待っています…と言うヘアブ長官に、分かっています。だけど、何でこんなにもどかしいのか分かりません…と答えるムヒュル王子であった。

王妃の寝室で。
申し訳ない。俺は既に心に決めた女性がいる。俺の言葉に傷つくと思うが、それを隠すことがもっと大きな傷になると思い、話したんだ…と言うムヒュル王子に、私もその女性を見ました。ひと目見ただけでもとても美しい人でした。王子様の心を奪うには十分だと思いました。しかし、今夜は王子様は私と一緒にいなければいけません。王子様の心が遠くにあるとしても、世間の人は私といることを信じなければなりません。それが王子様がこの婚姻を受け入れた理由であり、王様とピリュ様が願っていることです。すぐに愛せとはいいません。あの方を忘れろともいいません。しかし、時間は私の味方だと信じています。いつかは私の元へ来てくださると信じていますので、王子様を信じます…と言い放つ王妃であった。

一方、毒薬(麻痺薬)を酒に混ぜ、プヨ兵を麻痺させ、マロの手助けで逃げるヨンだが…。
必ず、捕まえろ…と追っ手を送るトジン。

チェガの兵士が到着すれば、すぐに出兵するから、準備してください…。俺も兵士と共にここで野営をすると言うムヒュル王子に、ここは私に任せて宮殿に行って来てください。今王子様がいなければいけない所は、王妃の寝室です…と言うヘアブ長官。出兵はもうすぐです。兵士と共にいます…と言うムヒュル王子に、私の目には訓練を言い訳に王妃を避けているように見えます…と言うヘアブ長官。長官の言葉は合っています。お嬢さんを忘れる為に訓練に没頭していると思ってもいいです。王妃を避ける為に宮殿の外にいると考えてもいいです。しかし、鎧を着て兵士の前に立っている時は、彼らを率いる指揮官として、ここにいるのです。彼らの命を守り、任務を遂行する指揮官としてここに立っているのです…と言い放ち、去って行くムヒュル王子であった。

ひとりでいたいと言うムヒュル王子に、怒ってください。心が辛ければ、辛いと言ってください。会いたい人がいれば会いたいと言ってください…と言い放ちヨンの元へ連れて行くマロであった。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 風の国 and tagged .