韓国ドラマ「風の国」27話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「風の国」27話あらすじ(ネタばれ)です。  

主演:ソンイルグック(ムヒュル役)、パクコンヒョン(トジン役)、チェチョンウォン(ヨン役)、チョンジニョン(ユリ王役)、イチョンウォン(ヘミョン役)、オユンア(ヘアプ役)、キムジェウク(チュバルソ役)、チャンテソン(マロ役)、キムサンホ(マファン役)

チェガのサンガを助けるが…。そこへ、トジン率いるフギョン(黒影)が…。
サンガを斬るトジン。トジンに捕まり、ペグクの陣営へ連れて行かれるユリ王。

中央軍に合流し、背後からペグクを攻めようと、ヘアブ長官を送るが、既に、ペグクにより制圧されていたのであった。

王様を助けたければ、正門を開け、降伏しろ…とペグクの配下が宮殿に来る。
一方、手遅れになる前に、宮殿から避難しろ。それだけがこの国を守る道だ。お前が生きてこの国を守れ…と言う姉(セリュ王女)に、必ず、王を助け、この国を守ります…と言い放つムヒュルであった。

ムヒュル、お前は生きてこの国を守らないといけない…と短剣を取り出すユリ王。
この試練を克服し、この駄目な父を越え、強い王にならないといけない。それがお前の道だ。俺の息子、ムヒュル…と自害するユリ王であった。

命を助けろ…とヨンを連れて来るペグク。
目覚めるユリ王。何故、俺を助けた…。俺が生きていれば、ムヒュルの荷物になると言うユリ王に、王子を信じてください。必ず、この道を解決し、王様を救出するはずです…と言い放つヨンであった。

ユリ王がプヨ国に護送されることを知り、秘密通路を使い、宮殿の外に出て、ユリ王を救出に向かうムヒュル王子、ヨジン王子、セリュ王女。
ユリ王と共にプヨ国に護送されるヨン。
護送される途中に、鳴り物の弓矢が音を放ち…。
護送している兵を一掃するムヒュルだが…。ヨジンが斬られ…。
一方で、兵を率い宮殿に侵入するトジン。
敵に囲まれるヘアブ長官と配下。危機一髪の所へムヒュル王子達が…。
宮殿を制圧するペグク反乱軍。一方、チョルボン城に回避するユリ王。

王子様、今は全てのことを胸にしまい戻らないといけません。天は王子様に試練を与えているのです。王子様には守らないといけない王様がいて、王子様を信じて従っている者がいます。早く、チョルボンに行って、兵を再編成し、また宮殿を取り戻さないといけません…とムヒュル王子に言い放つヘアブ長官であった。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 風の国 and tagged .