韓国ドラマ「風の国」28話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「風の国」28話あらすじ(ネタばれ)です。 
                                
主演:ソンイルグック(ムヒュル役)、パクコンヒョン(トジン役)、チェチョンウォン(ヨン役)、チョンジニョン(ユリ王役)、イチョンウォン(ヘミョン役)、オユンア(ヘアプ役)、キムジェウク(チュバルソ役)、チャンテソン(マロ役)、キムサンホ(マファン役)

チョルボンに戻って来たムヒュル王子に、全てを失いチョルボンに逃げてきたが、俺はお前を信じる。俺も放棄しないから、お前も弱くなってはいけない…と言うユリ王であった。

お嬢様、ヨジンを見捨てないでください。必ず助けてください…とヨンに頼むムヒュルだが…。

テソ王が高句麗の宮殿に入ったことを告げるヘアブ長官に、各城主にそのことを告げるように命じるムヒュル王子。ペグクとテソ王が手を組んだことを知らせることが重要だ。ペグクにとってテソ王は薬であり、毒でもある。プヨと内通し、高句麗を裏切ったことが分かれば、ペグクに反発する城主が現れるはずです。テソ王が宮殿に入ったことは我々に残された最後の機会です…とヘアブ長官に言い放つムヒュル王子であった。

チョルボン城の前に集まる民。
出てきたムヒュル王子に、王子様だ…と叫ぶ民達。
皆さんを守らないといけない民だと思ってきました。しかし、私の考えが間違っていたことに気がつきました。この国、高句麗が存在して来たのは、皆さんの力であることが分かりました。私は必ず皆さんと一緒にペグクと手を組んだプヨを追い出し、宮殿を取り戻します…と叫ぶムヒュル王子であった。

民を訓練するムヒュル王子配下。
テソ王がチュモン大王の神剣を欲しがっている事実をマファンより得て、それを利用する計画を立てるムヒュル王子。
チョルボン城、外神殿にあるという情報を流すムヒュル王子。
フギョン(黒影)を連れて、チョルボンに行って、チュモン神剣を持って来いと命じるテソ王。

フギョン(黒影)を連れ、チョルボンに向かうトジン。
そのトジン達を待ち伏せし攻撃するムヒュル王子達。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 風の国 and tagged .