韓国ドラマ「風の国」29話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「風の国」29話あらすじ(ネタばれ)です。 

主演:ソンイルグック(ムヒュル役)、パクコンヒョン(トジン役)、チェチョンウォン(ヨン役)、チョンジニョン(ユリ王役)、イチョンウォン(ヘミョン役)、オユンア(ヘアプ役)、キムジェウク(チュバルソ役)、チャンテソン(マロ役)、キムサンホ(マファン役)

チェガ会議を開くプヨ国テソ王。
チョルボンを攻撃しろと言うテソ王に、チョルボンの問題は内部の問題ですと反対するチェガメンバー。そのメンバーを斬り、俺に挑戦するものは出て来いと叫ぶテソ王であった。

ヨンを捕まえ、高句麗宮殿のテソ王の元へ、連れて行かせるムヒュル王子の妻。

テソ王の前で。
お前と俺の縁は終わった。俺の前に立っているお前は、プヨの罪人だ。すぐにでも殺したい気持ちだが、お前の身柄はトジンに預けるとヨンに言い放つテソ王。
倒れたヨンを診た医師がお腹に子供がいるとトジンに…。
ムヒュルの子かと聞くトジンに、はいと答えるヨン。
今からお前は俺の女だ。その子は俺の子として育てる…とヨンに言い放ち去るトジンであった。

一方、各城主達を味方に付ける為、説得しに向かうユリ王。

マファンにチュモン大王の神剣を見せ、これをもった者が支配者になるという啓示も教え、ペグクに渡せと命じるムヒュル王子。
反対するヘアブ長官に、これを持ったからといって支配者になれる訳ではない。どんな試練があっても変わらない人の意思でなるのです。俺が運命に負けていたら、どうしてここに立っていられるますか。この剣がペグクとテソ王を仲たがいさせるはずですと言うムヒュル王子であった。

ひとりでチェガのメンバーに会いに行くムヒュル王子。
剣をテーブルの上に投げ捨て、この剣で私の首を切れ、できなければ、私と一緒に戦いましょうと言うムヒュル王子であった。ペグクを説得し、テソ王に反旗をひるがえさせるのであった。一方、宮殿内の状況がおかしいことに気がつき、テソ王に宮殿の外に回避した方がいいと進言するトジンだが…。
高句麗宮殿内のプヨ軍を攻めるペグク。プヨ国へ逃げるテソ王。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 風の国 and tagged .