韓国ドラマ「風の国」30話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「風の国」30話あらすじ(ネタばれ)です。
                                 
主演:ソンイルグック(ムヒュル役)、パクコンヒョン(トジン役)、チェチョンウォン(ヨン役)、チョンジニョン(ユリ王役)、イチョンウォン(ヘミョン役)、オユンア(ヘアプ役)、キムジェウク(チュバルソ役)、チャンテソン(マロ役)、キムサンホ(マファン役)

これが何だか。分かるか。チュモン神剣だ。俺が北方の盟主になると…とプヨを攻撃するペグク。逃げるテソ王。逃げる時間を稼ぐために戦うトジン。

俺が大王だと宣布しろと言うペグクに、そんな啓示は受けていないと反対する神官。
神官を切り捨てるペグク。

この国とムヒュルの為にできる最後のことだと宮殿にいるペグクに会いに行くユリ王。
一方、ファンナ軍と協力し、中央軍軍営をまず制圧するムヒュル王子。
ユリ王がペグクに会いに行ったことを聞き、驚いて宮殿に向かうムヒュル王子。
行くなら私達を殺してから行ってください。王様は王子様と永遠に生きる道を選ばれたのですとムヒュル王子を命をかけて止める配下達であった。

貴族達を集め、大王として認定できるはずだ…とペグクを大王にすることを貴族に要求するペグクの配下。
そこに、ペグクにそんな資格があるのかとユリ王が…。
殺せと言うペグクに、俺の肉体がなくなっても、俺の志はムヒュルが受け継ぎ、高句麗と共にあるだろう。見ていろ。ムヒュルが高句麗を守ると言い放つユリ王。
万一、王になっても、長く続かない。父を殺し、プヨまで連れて来たお前を皆絶対に許さないはずだ…と言い放つユリ王を斬るペグク。
目の前でムヒュルを殺してやる。必ず、生かせ。この国の大王はユリではなく、俺、ペグクだと半狂乱に叫ぶペグクであった。

チュモン神剣でペグクにユリ王が刺されたこと。まだ生きていること。生かされているのは、ユリ王の前で、ムヒュル王子を殺す為だということをマファンから聞くムヒュル王子。
王が危険なのに、王子として何もできることがないと嘆くムヒュル王子であった。

私達をお許しください。ペグクが王を殺そうとするのを自分達の命を失うのが怖くて何もできませんでした…と言うファンナ大臣達を許すムヒュル王子。王子様が進軍なさるなら、もっと多くの貴族が従うはずですと言うファンナ大臣。

秘密裏に宮殿を襲撃し、制圧するムヒュル
お前が来ることを信じていたとムヒュル王子の手を握るユリ王。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 風の国 and tagged .