「カインとアベル」1話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「カインとアベル」1話あらすじ(ネタばれ)です。 

主演:ソジソップ(イチョイン役:救急医学科医師)、シンヒョンジュン(イソンウ役:整形外科医)、チェジョンアン(キムソヨン役:チョインとソンウの初恋の女性)、ハンジミン(オヨンジ役)

砂漠をさ迷い倒れるイチョイン(ソジソップ)。
俺の名前はイチョイン…、中国で頭とわき腹に銃弾が当たり、死にそうだ。呼吸は早く弱くなり、手足は青くなって来た。このように、犬のように捨てられ、死ぬのがとても怖い。しかし、本当に恐ろしいのは、俺の頭の中の記憶が砂のようにひとつひとつこぼれ落ちていくことだ…と。

…時は戻り…

飛行機で倒れた女性に緊急処置を施し、ヘリコプターで病院に搬送し、手術するイソンウ。

一方、バイクで病気の子供を病院に連れてくるイチョイン。手術の為に、30分で酔いを覚ます…とバケツで水浴びをするイチョイン。手術室に入り、メスを持ち、手術をするイチョイン。

手術を終え、イソンウの元へ急ぐイチョイン。
イソンウ、そんな手術をする為に戻って来たのか…と叫ぶイチョイン。
インターンからやり直せ…と叫ぶイソンウ。
屋上まで登り、兄貴…とイソンウに抱きつくイチョイン。
兄貴、俺がどんなに会いたかったか知ってるのか。死んで戻らないのかと思っていた…と言うチョインに、生きて帰ってきた。こうやって…とチョインの頭をなでるソンウであった。

ソヨンのコンサートに行くイチョイン。
同じように、花束を持って初恋の女性、ソヨンのコンサートに行くイソンウ。
生また時から心臓が悪く…、病院にお世話になっていたの。その時、私を励ましてくれ、守ってくれた人がいました。それがなければ、私もいなかったでしょう。自分の悲しみは自分で耐えて、私に明るい姿を見せてくれた男性、25年待ってくれて、もう、私が答える番です。イチョイン…、私がどういてそんな貴方を愛さずにいられるの。答えが遅くなったでしょ。愛してる。愛してます…と告白し、歌を歌うキムソヨン(チェジョンアン)であった。
それを聞いて愕然とし、花束を落とし会場を去って行くイソンウ。

コンサートが終わり…。
どうだった…と聞くソヨンに、ああ、公演まあまあだった…と微笑みながら、指を立て、最高だった…と叫ぶイチョイン。
イチョイン、プロポーズまで受けたのに、もうちょうだい。左のポケットに入っている物…、持って既に5年が過ぎたじゃないと言うソヨンに、知っていたのか…とペアのリングを出すイチョイン。
ありがとう。全て…。他の人じゃなくて俺を愛してくれて…と言うチョインに、世界で私が一番愛しているのが誰だか知っているでしょ。今後も…。ありがとう。待ってくれて…と言うソヨン。キスをするふたりであった。

中国に行って手術を見て来い…。そうすれば俺の手術が確かな物だということが分かる…と兄イソンから言われ、中国に向かうチョインだが…。
部下に中国から帰って来れない様に手を回せ…と命じるイソンの母(副院長)。
詐欺師だから、イチョイン医師を監視しろ…とヤクザに依頼されるオヨンジ(ハンジミン)。空港で、プラカードを持ち、イチョイン医師を待つオヨンジであった。次話へ。

スポンサーリンク