「カインとアベル」2話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「カインとアベル」2話あらすじ(ネタばれ)です。 

主演:ソジソップ(イチョイン役:救急医学科医師)、シンヒョンジュン(イソンウ役:整形外科医)、チェジョンアン(キムソヨン役:チョインとソンウの初恋の女性)、ハンジミン(オヨンジ役)

先生のガイドを受け持つオヨンジです…と空港でイチョインに言うオヨンジ。
脱北した家族の偽造パスポートを作る為にお金を稼ぐオヨンジ。
24時間離れるなと命じられ、チョインのホテルの部屋の前の椅子で寝込むオヨンジ。

一方、ソヨンを訪ねるイソンウ。
一方、お前を捨てたことはない。お前を傷つけたが、一瞬でもお前を捨てたことはない。大丈夫なんだろ…と言うイソンウに、大丈夫って…私の心臓、私の心が大丈夫かと聞いているの。つらくて、怒らなかったと言えば嘘になるわ。恨めば、懐かしくて、何か事情があるに違いない…。お陰で未練は整理したわ…と言い去って行くソヨンであった。

田舎の村を訪ね、無料で村人を治療するチョイン。
院長と一緒に来て、3年間、時間がある度に来て、無料で治療してくれていると村人から聞くオヨンジ。
記念写真の最中に…。お腹を押さえて痛がるオヨンジ。ちょっと、見せてみろ…と言うチョインに、心配ありません。便秘です…と言うオヨンジ。俺が大丈夫だというまで大丈夫じゃないから静かにしていろとヨンジを抱きかかえ、診察室へ…。

盲腸と分かり、病院に連れて行くことにするが、私は病院に行かない…と言うオジン。盲腸だといって簡単に思ったら死ぬこともあるんだと言うチョインに、ここでやっては駄目ですか。先生は医者でしょ。ここでしてください。病院に行きたくなくて言っているんじゃありません。行けない理由があるんです。盲腸だからと簡単に考えている訳じゃありません。私も病院に行って手術を受けて治したいです。会わないといけない人がいます。病院に行ったら永遠に会えないかもしれません。だから、先生、ここで手術してくれませんか。お願いしますと涙するオヨンジ(ハンジミン)であった。次話へ。

スポンサーリンク