「花より男子」13話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「花より男子」13話あらすじ(ネタばれ)です。 

主演:クヘソン(クムチャンディ役:クリーニング店の娘)、イミンホ(クジュンピョ役:F4のリーダー、財閥シナグループの後継者)、キムヒョンジュン(ユンジフ役:スアム文化財団、アートセンター、オーケストラを経営の後継者兼ミュージシャン)、キムジュン(ソンウビン役:イルシム建設の後継者)、キムボム(ソイジョン役:4代国宝級陶芸家兼ウソン博物館の後継者)、キムソウン(カウル:チャンディの親友)

待っていろ…というメールがあってから一度もジュンピョから連絡がなく…。

一方、陶芸をしているソイジョン(キムボム)を訪ねるカウル(キムソウン)
そんなにかっこいいか…この姿を見て、落ちなかった女はほとんどいない…と言うイジョンに、言いたいことがあって来たの…と言うカウル。本当にジュンピョがチャンディの永遠の伴侶なのか。俺だったらその時間で自分の永遠の伴侶を探す…と言うイジョンに、永遠の伴侶、真実の愛があるのを先輩も信じているんでしょ。今日、初めて先輩が人に見えたわ。来て良かったわ…と去って行くカウルであった。

膝の怪我で水泳はできない…と医師に宣告され、落ち込むチャンディ。
ジュンピョに会いに行く為に、飛行機のチケットを買う為に、お粥店のオーナーに、200万前借したいと言うが…、新メニューを1個売れば、500ウォンをやる…とオーナーに言われ、店の前で、売るチャンディだが…、1個も売れず…。
そこへ、F4のメンバー(ジフ、ウビン、イジョン)が…。女性達が殺到し、全て売りつくすのであった。

マカオに到着するチャンディ。
車から降りるジュンピョを見つけ、追いかけるが…。ホテルのセキュリティーに邪魔され、ジュンピョに会えないチャンディ。

マカオ見物をしている間に、リュックの中の財布をすられ…。
危ない所をSPを引き連れたハチェギョンに助けられるのであった。

ツアー客に紛れ込み、ホテル内に入り込むチャンディだが…。
ホテルのバーで、女性といるジュンピョを見かけ、驚いて出て行こうとするチャンディ。見かけるジュンピョだが、声もかけず…。

いい部屋があるとチャンディのカバンを持とうとする子供。いいわ…と言うチャンディだが…。韓国語を使う子供に安心し、ついて行くチャンディ。
そこには、多数の男達が…。
危機一髪の所へ、F4のメンバー(ジフ、ウビン、イジョン)が…。

F4のメンバーが来たと言っても、時間が作れないと…。
マカオ観光を楽しむF4のメンバーとチャンディ。
一方、父親の跡を引き継ぎ、ビジネスに集中するジュンピョであった。次話へ。

スポンサーリンク