「エデンの東」54話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「エデンの東」54話あらすじ(ネタばれ)です。 

主演:ソンスンホン/キム・ボム(青年期)(イドンチョル役:カジノ経営者の 右腕でマフィア) 、ヨンジョンフン(イドンウク役)、イダヘ(ヘリン役:韓世日報のミン会長の娘)、ハンチヘ (チヒョン役)、ユドングン(クック会長役:カジノ経営者)、チョンヘヨン(ジェニス役:国 際的ロービースト、武器商人)、チョミンギ(シンテファン役)、キムソンギョン(オ会長:テ ソングループ会長)、シンウンジョン(ミエ:看護士)、パクヘジン(シンミョンフン役:シン テファンの息子)、イヨニ(ヨンラン役:クック会長の娘)、キムソウン(カウル:チャンディの親友)

太星ホテルスロットマーシンの権利を譲るという嘘で、マカオマフィアJACKがドンチョルを裏切るようにさせ、麻薬でドンチョルを貶める計画を立てるシンテファンであった。

匿名の投書が検事長の元へ。
クック会長の手下の良心宣言にイドンウク検事が関連していた…と(ドンチョルとドンウクとを仲たがいさせるシンテファンの作戦だった)
検事長に呼ばれ、投書で良かった。テープでも送られて来たら覚悟しないといけない…と責められるドンウク。ドンチョルへの怒りを爆発させるドンウク。

インターナショナルホテルカジノに秘密裏に麻薬を隠すJACK配下ピーター。
そこへ、イドンウク検事が部下を連れ、捜査令状を持って…。
ここには麻薬なんてない…とドンチョルが駆けつけるが…。
そこへ、ピーターのロッカーから麻薬が出たと部下が…。
私がアジアカジノ代表だから私を連れて行きなさい…とドンウクに言い放つヨンラン。ヨンランを連行しろと部下に命じるドンウクであった。

チヒョンを通じて、太星グループの機密書類を手に入れるミョンフンだが…。
シンテファン配下に拉致されるミョンフン。
裏切り者のファンギュッテから電話が…。ミョンフンが拉致されたことを知るドンチョル。インチョン港に金を持って来い…。代わりに、リヒテンシュタインに入っている秘密資金の書類を渡す。どうせ俺はマークされているからだせない…と要求するファンギュッテ。

一方、船から麻薬が積み下ろしされていると調査員からドンウクに情報が…。
港に向かうドンチョル。シンテファン配下から麻薬の入ったカバンを受け取るファンギュッテ。金を持ってきたドンチョル。弟を先によこせと言うドンチョル。秘密口座書類だ…とドンチョルが持って来た金と交換するファンギュッテ。中には麻薬が…。
そこへ、イドンウクが率いる特殊部が…。
シンテファンとファンギュッテにはめられた。ファンギュッテを捕まえなければ…と言うドンチョルだが、連行されるドンチョルであった。

そこへ、イドンウク検事…と現れるファンギュッテ。こんな所で俺を捕まえれば、良心宣言でスターになったイドンウク検事の立場がどうなるか…と言うファンギュッテに、お前の良心宣言には麻薬の話はなかったがと言うドンウク。
貴方の父から金を貰ってやった良心宣言だからそれぐらいでいいだろう。何を他に望んでいるのか。お前が捕まえないといけないのは俺じゃなく、イドンチョルだと言い放ち去って行くファンギュッテであった。

連行の途中で、ドンチョルを救出し、刑務所に護送されるヨンランを救出するドンチョル配下。早くここを離れろ…とドンチョルに言うドンチョルの叔父。次話へ。

スポンサーリンク