韓国ドラマ【千秋太后・チョンチュ太后】17話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ【千秋太后・チョンチュ太后】17話あらすじ

登場人物:チェ・シラ(千秋太后:ファンボ・ス役)、キム・ソックン(キム・チヤン役)、チェ・ジェソン(ガンジョ役)、イ・ドッファ(カン・ガムチャン役)、キム・ホジン(ワン・ウク役)、シネ(ホンジョン王后役)、パン・ヒョジョン(シンジョン皇太后役)、イム・ヒョク(ソヒ役)、キム・ミョンス(ソンジョン役、千秋太后の兄、ワンチ)、キム・ソウン(ファン・ボスの子役)、パク・ウンビン(ファン・ボソル役)

王妃の父の配下を捕まり捜査していたガンジョ(チェ・ジェソン)は、12年前妹を連れ去り、自分を殺そうとした人だと知る。
12年前、私が千秋太后様を助けました。なのに、どうして罪のない自分を捕まり、罰させようとするのですか。まさか、命の恩人を殺したりはしないでしょうね? と。 
死んでも事実を言わないことを知ったキム・チヤンは、催眠術を使い自白をさせようとするのだが…。

結局聞き出せなかった千秋太后は、カン・ガムチャンの意見を受け入れ、自分を助けたくれた人だから殺したくはないと、王妃の父の元に返すことを決める…。

一方、自分達の計画を成す為に、千秋太后から信用してもらい、もっと近づく為に、ここの人と因縁を結んだ方がいいと配下に指示したキム・チヤンは、夜…灯りが付いている千秋太后の部屋の外で、部屋の様子を見つめているのであった。

王妃の父の配下を連れ、王妃の父の家に行った千秋太后。
お座りになって下さい、と言う王妃の父に、そうは行きません。私と私の息子を殺そうとした人の家で簡単に座ることはできません、といいながら短剣を取り出してテーブルの上に刺し付ける千秋太后。
もう一回機会を与えるわ! 貴方が望む通りにするといい!! 私の命が欲しいなら今すぐこの刀で私の心臓を刺して見なさい! 早く!! と、怒鳴る千秋太后であった。

スポンサーリンク