韓国ドラマ【千秋太后・チョンチュ太后】19話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ【千秋太后・チョンチュ太后】19話あらすじ

登場人物:チェ・シラ(千秋太后:ファンボ・ス役)、キム・ソックン(キム・チヤン役)、チェ・ジェソン(ガンジョ役)、イ・ドッファ(カン・ガムチャン役)、キム・ホジン(ワン・ウク役)、シネ(ホンジョン王后役)、パン・ヒョジョン(シンジョン皇太后役)、イム・ヒョク(ソヒ役)、キム・ミョンス(ソンジョン役、千秋太后の兄、ワンチ)、キム・ソウン(ファン・ボスの子役)、パク・ウンビン(ファン・ボソル役)

なかなか信じてくれない王に、ボソルがワンウクの子供を妊娠している事を言いながら、王様が信じる事が出来るのは私と王妃様だけです、信じてくださいと言う王妃の父。
千秋太后(チェ・シラ)の家と、側近のカン・ガムチャンの事を監視しさせる王である。

キム・チヤンの事で新羅系の大臣の家を訪ねたガンジョの姿を発見する監視員。
また、千秋太后とソンの間で手紙の受け渡しをしていた事を聞いた王は、ソンの所で手紙を発見、激怒して、手紙を伝達していたカン・ガムチャンを逮捕し、牢屋に入れる王。

ガンジョとキム・チヤンが対立している事を聞いた千秋太后は、二人の事で頭を悩ませていて、二人から事情を聞くが、二人とも内心を隠し続ける。 そんなある日、千秋太后が持っていた弓が折れる…、不吉を感じている千秋太后の所に来て、不吉な夢を見たと言うボソル…。

千秋太后の家にいるワンウクに、新羅系の大臣の使いだと名乗る人が来て、今すぐ大臣の家に来てくださいと、来なければボソルとの事をばらすと脅す。
すぐ行って来るとボソルに手紙を残して、大臣の家に行ったワンウクは、王が送った兵士達に逮捕されるのであった。

スポンサーリンク