韓国ドラマ【千秋太后・チョンチュ太后】38話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ【千秋太后・チョンチュ太后】38話あらすじ

登場人物:チェ・シラ(千秋太后:ファンボ・ス役)、キム・ソックン(キム・チヤン役)、チェ・ジェソン(ガンジョ役)、イ・ドッファ(カン・ガムチャン役)、キム・ホジン(ワン・ウク役)、シネ(ホンジョン王后役)、パン・ヒョジョン(シンジョン皇太后役)、イム・ヒョク(ソヒ役)、キム・ミョンス(ソンジョン役、千秋太后の兄、ワンチ)、キム・ソウン(ファン・ボスの子役)、パク・ウンビン(ファン・ボソル役)

キム・チヤン(キム・ソックン)からソンの病気のことを聞く千秋太后(チェ・シラ)。
もし、この子が病気で国を治められない状況になった時は、その時は私が変わりに国を治める。そして、どんな事をしてもこの子の病気をなおしてあげる…と、言いながらソンを抱きしめるのであった。

ソンの病気を王妃が知っているかを探る為に王妃と会う千秋太后だが、知っていながら隠し切る王妃であった。 自分の家に帰って来た千秋太后は、あの子は本当にその病気なの?間違ってはいない?とキム・チヤンに確かめる。間違いありませんと答えるキム・チヤン。
 
私のせいだわ…。幼い時から私が育てていたらあんな風にはなれなかったのに…。あの子…可哀想でどうしょう…治らない病気だとも知らず、この国を背負っていかなければいけないのに…。
逆天をしてどんなことになる…??私の子供が病気なのに…、母になって違う事を考えているなんて…
これが人間がやることか…と、涙ながら話す。 そんな千秋太后をやさしく抱きしめるキム・チヤン。
そうです…こんなに辛い時には私に頼ってください。誰にも言いません。ただ、心の中の恋人として、つらい時、寂しい時は頼れる木になります。と言うキム・チヤンであった。

王妃の指示で使臣としてゴランに行った王妃の父に、千秋太后のことを恨んでいたゴランの王は、皇太后が千秋太后を高麗に無事に帰した理由を教えてしまうのである。

その頃、高麗の民達の間では、王と王妃の悪口が広まり、反対に千秋太后は評判は上がる。
その事を報告されて、直接町に出て噂を確認した王妃は激怒り、彼らを全て捕らえて来いと兵士達に命令するのである。丁度、町に出ていた千秋太后は、兵士達が民達を容赦なく捕らえている所に現れる。 これは何のまねですか??と、兵士の頭に言う千秋太后であった。

スポンサーリンク