韓国ドラマ【千秋太后・チョンチュ太后】42話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ【千秋太后・チョンチュ太后】42話あらすじ

登場人物:チェ・シラ(千秋太后:ファンボ・ス役)、キム・ソックン(キム・チヤン役)、チェ・ジェソン(ガンジョ役)、イ・ドッファ(カン・ガムチャン役)、キム・ホジン(ワン・ウク役)、シネ(ホンジョン王后役)、パン・ヒョジョン(シンジョン皇太后役)、イム・ヒョク(ソヒ役)、キム・ミョンス(ソンジョン役、千秋太后の兄、ワンチ)、キム・ソウン(ファン・ボスの子役)、パク・ウンビン(ファン・ボソル役)

だが、王の馬車に乗っていたのは王ではなかった…。
千秋太后達は全て逮捕され牢屋に入れられる。部下達は審問され、キム・チヤン(キム・ソックン)は、千秋太后との恋愛関係があるか聞かれ、否定するのだが…。

臣下達の反対を受けながらも千秋太后を自分の部屋に呼んで、私がそんなに憎かったのか? 私が憎かったらお前らしく怒って私に言えばいいことなのに、とうして…私を心配する振りをしながら後ろでそんなことをしたのか…?と、聞く王に、王様が憎かったからではありません。国の為です。王様は弱く、王様の周りには国を強くすることの関心もない者達だけです。そんな王様と臣下達を罰しなければ
この国を立ちなおせる事ができないと思ったからです。私が考える国は王様が夢見る国とは違います。私が立てようとする国は広大な高句麗のような国です。そんな国を立てるためには力が優先です。本よりは刀を持って、国民の全てが戦士でないと駄目です。私は北方に進出しゴランを倒し、昔のバルへと高句麗の土地を取り戻すことです。と、言う千秋太后。

まだ、お前は変わってなかったのか? そんなことを言い出して!! その為に多くの人が死んだ!! と、怒る王に、あの人たちの死は悲しいことですが、もっと多くの人を助けるためのことです。このままではこの国は滅びてしまいますい。と叫ぶ千秋太后に、そしたら…そしたら、あのキム・チヤンとの関係も国の為の事なのか??と聞く王に、思っていることだけでも、情を与えたことだから…事実です、王様。彼を私の恋人だと思っています。人が人を好きになるのがなぜ駄目ですか? そうです。私が立てようとする国はそんなくにです。人が人を自由に好きになれる国…。

だが、現実に私が負けました。私が逆天に失敗したから私を殺してください王様、その代わり、部下達は助けてください。そして、ソンは何にも知らない子供ですから命だけは助けてください。と言う千秋太后に、私にお前を殺せと…?? この王座の為に私の血統がみんな死んだ、なのに、今一人しか残っていないお前を殺せと?? あの世に行っておばあちゃんとソルをどんな顔で見ろて言うのか…どうして私にこんな辛い重荷をさせるのか…お前が私を殺した方がましだ…と言う王に、
王様、私は王座にいるお兄様と考えが違うだけで、お兄さんとしては憎んでいません。私が殺しようとした人はお兄様ではなく、王様でした。同じようにお兄様が王座にいる限り、私を殺さなければいけません。そうじゃないとお兄様の立場が立てません。私を殺してもお兄様を憎みませんので、お兄様の思うようにしてください。と涙ながら話す千秋太后であった。

牢屋に戻った千秋太后に、今諦めるのは早すぎます。諦めないでください。先がまだ長いのにここで諦めることはできません…と、言うキム・チヤンに、私もあなたに話があるわ。私達がここで死んでも、生き残っても、私はあなたの事を愛してる。死んでもあなたのことを忘れられないわ…と言う千秋太后。 お姫様心配しないでください。私達は死にません。お姫様の心を知ってしまったのに、悔しくて死ねますか。私も…私もお姫様を愛してます。自分自身を忘れるほどお姫様を愛してます。とキム・チヤン。

王から命令が下される…。
一人も死刑にされることなく、千秋太后は1000里離れた田舎に行かされる事に…。

一方、千秋太后と恋人だとの事を知った王は、キム・チヤンは生かせておく事は出来ないと移送途中に殺せと命令する。だが、危機一髪の時に現れた部下によって助けられるのであった。

だが、千秋太后にはキム・チヤンが死んだと知らされる。
キム・チヤンの事を思い出す千秋太后。違うわ、彼は死なない、彼が私をおいて死ぬはずがないわ…と涙を流すのであった。

スポンサーリンク