(善徳女王[ソンドク女王])」7話

スポンサーリンク

韓国ドラマ(善徳女王[ソンドク女王])」7話あらすじ(ネタばれ)です。 

主演:イスンジェ(新羅真興王役)・イムホ(新羅真智王役)・チョミンギ/ペクチョンミン[子役](新羅真平王役)・ユンユンソ/パクスジン(新羅真平王の皇后役)・シング(ウルチェ役:真平王忠臣)・チョンホビン(ムンノ役:新羅真平王配下)・ソヨンヒ(ソファ役:新羅真平王の侍女)・ユスンホ(キムチュンチュ:新羅武烈王)・コヒョンジョン(ミシル役)・アンギルガン(チルスク役:ミシル配下)・イヨウォン/ナムチヒョン[子役](善徳女王役)・オムテウン/イヒョヌ[子役](キムユシン将軍役)・パクイェジン/シンセギョン[子役](チョンミョン王女役:善徳女王の双子の姉)・ソン・オクスク(ソリ役:神官)

崖から落ち、川の中へ…。チョンミョン王女に助けられるトンマン。
トンマンの耳の下に三日月型のほくろを見つけ、私もあるわと自分のほくろをトンマンに見せるチョンミョン王女。父もそんなほくろがあるの…と。
ムンノに会いに、ヨレ寺に向かうチョンミョン王女とトンマン

ヨレ寺に、ミシル配下の刺客(ポジョン)がムンノ暗殺に…。
それに遭遇し、追われるチョンミョン王女とトンマン。
山から落ちるチョンミョン王女とトンマン。通りがかったキムユシンに連れて行かれるチョンミョン王女と矢を受けた刺客を助けようとするトンマン。

キムユシンの盗まれた飾りを持っていたことから、泥棒と勘違いされるチョンミョン王女だが、掲示板に、チョンミョン王女を探ししているという掲示があり、父(王)の元へ無事に到着するチョンミョン王女。

宮殿に戻り、ファラン(兵士)の主人として復帰します。キムユシンをファランとして連れて行きますと宣言するチョンミョン王女であった。

ヨレ寺で、ポジョン(ミシルの息子)を見た。明日までに連れて来なさい…とミシルに対抗するチョンミョン王女。王女が私に挑戦して来た。すぐに、ポジョンを探せ…と配下に命じるミシル。

一方、刺客を探した者には金40両をやるという話を聞き、ミシルの配下に接触する詐欺師。

本当にミシルと対決すると覚悟を決めたのか…と聞く父(王)に、できるか、できないかを考える前に、最初に何でもしてみようと思います。私が本当にミシルに対抗できる者なのか、そうでなければ、ミシルに対抗できる者が通りがかり助けてくれるか、それでも駄目なら、ミシルがいつか病に罹り最初に死ぬこともあるかもしれませんと言いながら、生きているんでしょ…とトンマンを思い出すチョンミョン王女であった。

一方、ポジョンに会いに、ミシルとミシルの配下が…詐欺師の元へ。次話へ。

スポンサーリンク