(善徳女王[ソンドク女王])」9話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ(善徳女王[ソンドク女王])」9話あらすじ(ネタばれ)です。 

主演:イスンジェ(新羅真興王役)・イムホ(新羅真智王役)・チョミンギ/ペクチョンミン[子役](新羅真平王役)・ユンユンソ/パクスジン(新羅真平王の皇后役)・シング(ウルチェ役:真平王忠臣)・チョンホビン(ムンノ役:新羅真平王配下)・ソヨンヒ(ソファ役:新羅真平王の侍女)・ユスンホ(キムチュンチュ:新羅武烈王)・コヒョンジョン(ミシル役)・アンギルガン(チルスク役:ミシル配下)・イヨウォン/ナムチヒョン[子役](善徳女王役)・オムテウン/イヒョヌ[子役](キムユシン将軍役)・パクイェジン/シンセギョン[子役](チョンミョン王女役:善徳女王の双子の姉)・ソン・オクスク(ソリ役:神官)

包囲された時は、円陣を作れ、お互いの呼吸を感じながら、ひとりのように動かないといけない。わかったか。訓練を開始しろ…とトンマン達配下に命じるキムユシン。

ソロンゴンに軍を率いさせ、百済軍を防ぐことを新羅真智王に進言するミシル。
トマン達ファランに、王の命令が下る。ファランよ聞け。国の危機だ。ファランの出陣を命じる。ファランの勇気で、大新羅の土地を守れ…と。

夜、チョンミョン王女との密会で…。
明日、戦場に行くと言うトンマンに、緊張しないとと言うチョンミョン王女。緊張したからといって何かが変わるのか。矢が避けていくか、百済軍が命を助けてくれるのか…、心配するな。矢が飛んでくる中でも生き、ユシンにあんなに苦しめられたのに生き延びてきたと言い放つトンマンであった。
必ず帰って来て、貴方は生きる理由があるじゃない…と言う王女に、勿論…と答えるトンマンであった。

キムユシンを連れ、ソッカン城に攻撃に向かうソロンゴン。一方で、トンマン達キムユシン配下ヨンファヒャンドは、キムソヨン将軍(キムユシンの父)とアマク城攻撃に向かうことになるのであった。

次話へ。

スポンサーリンク