韓国ドラマ【千秋太后・チョンチュ太后】52話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ【千秋太后・チョンチュ太后】52話あらすじ

登場人物:チェ・シラ(千秋太后:ファンボ・ス役)、キム・ソックン(キム・チヤン役)、チェ・ジェソン(ガンジョ役)、イ・ドッファ(カン・ガムチャン役)、キム・ホジン(ワン・ウク役)、シネ(ホンジョン王后役)、パン・ヒョジョン(シンジョン皇太后役)、イム・ヒョク(ソヒ役)、キム・ミョンス(ソンジョン役、千秋太后の兄、ワンチ)、キム・ソウン(ファン・ボスの子役)、パク・ウンビン(ファン・ボソル役)

兵士達の対決で見事にゴランの兵士に勝った高麗の兵士。
ゴランの王と太后は、高麗の力を見直すことになる。

丘の上で太后二人で会っている。
今回の戦いでは私達が負けました。高麗の帝国宣布を認めるしかないですね。と言うゴランの太后に、帝国宣布のことは誰かに決めてもらう事ではないが、負けたことを認めることは受け入れます。と千秋太后。
昔、太后を生かせてあげるのではなかった。もう、太后が怖いくらいです。と言うゴランの太后に、栄光ですね。一時期は私こそ太后の前で息をしていることだけでも苦しかったのに、今はそうではないです。 言いたいことは何ですか? と聞く千秋太后に、ソン国と同盟を破棄して私と同盟を結びましょう。お互い戦を起こさない約束をする事です。私の息子(ゴランの王)と義理の兄弟の縁を結ぶことです。と提案するゴランの太后。 ゴランの王と兄弟の縁を結ぶ儀式を行う千秋太后であった。

この平和は長くないとの事は知っている。ソンとの戦争が終わればゴランは必ず高麗を侵略してくることしょう。私は必ず力を貯めて兵士達と一緒にゴランを征伐しに来ます。だけど…王が高麗を治めるとどうなるか…今日見ましたか…ゴランの王が太后に優しく接していた事を…私はゴランの太后には勝てる自身があるけれど、息子を育てた事はゴランの太后に勝てないでしょう…だから、私の国の未来が不安です。と、キム・チヤンに本音を言う千秋太后であった。

高麗に戻って来た千秋太后一行。
王に会いに行った千秋太后だが、反抗ばかりする王は、町で踊っていた男が気に入り宮に入れるのである。その事を知ったキム・チヤンは、その男に接近し自分の言う事に従うようにと何らかを指示して脅すのであった。

政治には関心がなく弓を持って遊んでいた王に、どうしてこんな行動しかできないのですか? 王妃を一人ぼっちにしといて男を宮にいれ妙な行動をするのですか? と怒る千秋太后に、反抗する王。
王様…私にこんなに当たるのはキム・チヤンの為だったら、私が諦めます。私が個人的にキム・チヤンと会いません。だからこんな行動はしないでください。と、言う千秋太后。
それでは、これはどうですか? と、その時その場所に向かって歩いていたキム・チヤンに向け持っていた矢を飛ばす王であった。

スポンサーリンク