韓国ドラマ【千秋太后・チョンチュ太后】55話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ【千秋太后・チョンチュ太后】55話あらすじ

登場人物:チェ・シラ(千秋太后:ファンボ・ス役)、キム・ソックン(キム・チヤン役)、チェ・ジェソン(ガンジョ役)、イ・ドッファ(カン・ガムチャン役)、キム・ホジン(ワン・ウク役)、シネ(ホンジョン王后役)、パン・ヒョジョン(シンジョン皇太后役)、イム・ヒョク(ソヒ役)、キム・ミョンス(ソンジョン役、千秋太后の兄、ワンチ)、キム・ソウン(ファン・ボスの子役)、パク・ウンビン(ファン・ボソル役)

太后様!待ってください。と止めたキム・チヤンは、医者から本当の事を聞きだす。王が薬を入れるように指示したと言う医者に、毒ではなければお前が飲んでみなさいと言われ、薬を飲んだ医者は倒れて死んでしまうのであった。また、確認する為に飲んだヒャンビが血を吐き倒れる。

王が自分に薬を飲ませようとしたことが理解できない千秋太后に、王様一人では出来なくても周りからそうさせられる事もあります。と警戒するようにと言うキム・チヤンである。

大臣達は王の言葉を受けて君デリャンウォンを太子に立てようとする動きを見せる。その事を知った千秋太后は、デリャンウォン君を坊主にしお寺に入れることを決めるのであった。
反対するガン・ガムチャンに、この事はデリャンウォン君、私の姪を守る為です。デリャンウォン君を立て逆天をしようとする人達が現れるでしょう。そうなってしまったらデリャンウォン君は無事では居られません。権力の戦いの中であの子を守る方法はこの方法しかありませんと、昨日、私の薬に毒を入れた者がいます。と事実を話す千秋太后であった。

自分の薬に毒を入れたのかと聞く千秋太后に、キム・チヤンの子供が生まれたら、彼はその子を王にしようとすることでしょう。だから、その薬を入れました。と決める王に、そうですか? その為にこの母の薬に毒を入れたのですか? この母を殺しようとしたのですか? と叫ぶ母に、自分は毒は入れてないと言う王だが…。違う…もう何にも信じなくなった。私のこの辛い気持ちを王はわかりますが? 誰にも話せないこのすざまし意悲しみを… 私、はっきりと言っておきます。天倫を無くしこの母を殺しようとした行動、私、忘れます。忘れようと努力します。 だけど、私の国を滅ぼそうとするいかなる行動は許しません。もし、それが息子だとしても…と、涙を流しながら出て行きなさいと叫ぶ千秋太后。

千秋太后の事を長い間思い続けて来たガンジョは、その思いを切り捨てヒャンビと結婚することを決めるのであった。

先王の妃は、王を誘惑する為に探していた美貌の女をさがすのに成功するのであった。

一方、ガン・ジョの結婚式に参加する為に移動している千秋太后を狙い、ゴランから来た刺客達が通る道で待ち構えているが、何にも知らず移動している千秋太后であるが…。

スポンサーリンク