韓国ドラマ【千秋太后・チョンチュ太后】60話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ【千秋太后・チョンチュ太后】60話あらすじ

登場人物:チェ・シラ(千秋太后:ファンボ・ス役)、キム・ソックン(キム・チヤン役)、チェ・ジェソン(ガンジョ役)、イ・ドッファ(カン・ガムチャン役)、キム・ホジン(ワン・ウク役)、シネ(ホンジョン王后役)、パン・ヒョジョン(シンジョン皇太后役)、イム・ヒョク(ソヒ役)、キム・ミョンス(ソンジョン役、千秋太后の兄、ワンチ)、キム・ソウン(ファン・ボスの子役)、パク・ウンビン(ファン・ボソル役)

王妃が妊娠したことを聞いたキム・チヤン(キム・ソックン)は、兵士を動員し王妃と寝た男と、その事をさせた先王妃の父を逮捕するのである。
千秋太后と王と王妃が一緒にいる王室の前に来たキム・チヤン。
王妃が罪を犯したのですが、妊娠していて取り調べが出来ない為にその使女を逮捕するところです。
申し訳ありませんが、その王妃が妊娠しているその子は王様の血統ではありません。と、事情を話すのであった。

牢屋に入っている女の所に来た王。
私ではありません。私はそんなことはしておりません。と弁明する女に、やめなさい。事実は明らかになった。お前がどんなことをしたとしてもお前は憎まない。全てが私が愚かで情けなくて起きたことだ。私の為に起きた事なんだからお前を責めることは出来ない。私が辛いのはそれでもお前を愛してたことだ。本気でお前が好きだった。王としてではなく男としてお前によって私は希望を持てた。だけどお前は捨てた。一時期の夢で終わったしまった。と。

王様、ごめんなさい。私が悪かったです。あの者達が脅迫したから…それでそうしてしまいました。命だけは助けてください。と、謝る女は兵士達に連れ去れながら助けてくださいと叫ぶ。
連れて行こうとする兵士達に、止めなさい!! そう…私がお前をそんなに大事にし、好きだったのにお前が取り調べられるは見たくない。誰も…誰でもお前に手をつけさせない。と、言った王は兵士が持っている刀を取り女を切る…私だけが、私だけがお前を送らせる事が出来る…と涙ながら叫ぶ王であった。

心の傷で起き上がることが出来ない王。
そんな王を見ながら心痛める千秋太后である。

一方、キム・チヤンの正体を調べ続けていたガン・ジョの妻ヒャンビは、キム・チヤンの部屋の外で彼らが話している事を聞いてしまうのであった。
キム・チヤンに見つけられ逃げるヒャンビを追いかける千秋太后の護衛をしているキム・チヤンの手下…。ヒャンビ!! 止まって!! と、全て聞いた。キム・チヤンの正体は何だ??今まで嘘をついていたのか??と、振り向いて聞くヒャンビ。貴方は誤解していると隠すキム・チヤンの手下。
だが、収まらないヒャンビの姿…。一緒に仕事をしながら友情を重ねていた二人は互いに刀を向けるのであった。

スポンサーリンク