(善徳女王[ソンドク女王])」22話

スポンサーリンク

韓国ドラマ(善徳女王[ソンドク女王])」22話あらすじ(ネタばれ)です。 

主演:イスンジェ(新羅真興王役)・イムホ(新羅真智王役)・チョミンギ/ペクチョンミン[子役](新羅真平王役)・ユンユンソ/パクスジン(新羅真平王の皇后役)・シング(ウルチェ役:真平王忠臣)・チョンホビン(ムンノ役:新羅真平王配下)・ソヨンヒ(ソファ役:新羅真平王の侍女)・ユスンホ(キムチュンチュ:新羅武烈王)・コヒョンジョン(ミシル役)・アンギルガン(チルスク役:ミシル配下)・イヨウォン/ナムチヒョン[子役](善徳女王役)・オムテウン/イヒョヌ[子役](キムユシン将軍役)・パクイェジン/シンセギョン[子役](チョンミョン王女役:善徳女王の双子の姉)・ソン・オクスク(ソリ役:神官)・キムナムギル(ビダム役)

皆、こっちへ来いとビダムが…。
皆、殺してやるとユシンの父の配下を蹴散らすビダム。
トンマンとビダムの二人に、そこへ、ユシンが…。ビダムと剣を交えるユシン。
ユシン様、駄目です。その人が私を助けてくれましたと言うトンマンの声で、剣を納めるユシン。
(お前の)剣は重かった…とユシンに言い去って行くビダムであった。

伝染病が広まっている村で。
ミシルも王様もお前を捕まえようとしている。俺の父までがお前を捕まえに来た。誰も俺達を助けてくれる者はいない。俺達、二人だけだ。俺達を助けられるのは俺達しかいない。だから、俺達があきらめれば、俺達は死ぬ。(剣を持ったトンマンの腕を掴み)俺は決してあきらめない。しかし、お前があきらめたら、俺が二倍大変だ。だから、あきらめるな…とトンマンに言い放ち、トンマンを連れて行くユシン。

偶然、ムンノに会うトンマンとユシンだが…。
ムンノとは知らずに…。

一方、お前が欲しい者をやる。セーシ(薬草)をやるから、トンマンを差し出せと…ソロンに言われ、トンマンを差し出す決意をするビダム。

薪割りの最中に…。
ユシン様は、離れてください。ユシン様がここにいる理由がありません。何故、ユシン様が父と敵対しながらもここにいるんですか…。1回もあきらめようと思ったことはありません。しかし、すべてを終わりにしたいんです。私の為に死ぬのは…私の母だけで十分です。ユシン様、私を生かそうとそうしているんじゃないですか。私を生かす為に、母のように、死ぬか…と思って言っているんです。そんなことになれば、1000回死んでも足りないほど、自分自身を恨むようになります。だから、そうならない為に、離れてください…と言うトンマンに、バカなことを言うな。お前が言うようにお前を捕まえようとする者が四方八方にいる。で、どうする…降伏するのか、逃げるのかと言うユシン。

降伏しても、戻る場所もなく、逃げても安全な場所がありません…と言うトンマンに、だから、何もするな。何も考えるな。もうお前は何も選択することはできないのだと言うユシン。
離れてください。ユシン様は選ぶことができます…と言うトンマンに、お前を選んだ…と言い放つユシンであった。走り去って行くトンマン。

牢屋の掃除をさせ、ユシンを牢屋に閉じ込めるビダム。
トンマンを木に縛りつけ…。
恨むな…200人位助けられるから…と去って行くビダム。
私の為に母まで死んで、砂嵐の中で生き残り、ユシン様に死ぬほど膝まづき、戦場で多くの者の命と引き換えに生き残ってきたのに、すべて、意味のないことでした。生きていても、王女様にも、ユシン様にも、王様や皇后様にも、ユシン様の父上にも、害になるだけですと言うトンマンに、そんなことを考えるな。お前らしくない。勇気を力を出せ…と牢屋の中から、言うユシンだが…。

どうやって力を出せばいいのですか。私を産んでくれた人も私を殺そうとし、ユシン様の父上も私を殺そうとします。訓練の時も、戦争の時も、力を出せと言う言葉は嫌になるほど聞きました。どうか、力を出せと言わないでください…と涙するトンマン。

朝食を持ってくるビダム。
(お前を連れて来いと言ったのは)ソロン将軍だと伝えるビダムに、ありがとう…と言うトンマン。
ありがとう…お前を売ろうとしているのに、狂ってる…と驚き去って行くビダム。

死のう…と決意したのに、自分がかわいそうだ。生きるのも価値がないのに、死ぬのも価値がないじゃないか。私がとてもかわいそうだ。(200人が生きられるっていうじゃないかと心の中で思い)それでいい。(惜しいことはひとつもないのに、お前と別れるのはちょっと残念だと心の中で思い)ユシン様、私はあの女が願うようにすることは嫌だ。絶対にそうしない…とユシンに言うトンマン。

トンマンをソロン将軍の元に連れて行くビダム。
トンマンが短剣を手に持っていることに気がつくビダム。お前、手にナイフがあるのに、何で、縄を切って逃げなかったのかと言うビダムに、薬草を貰い、必ず、200人を助けろと言い放つトンマン。
ソロン将軍にトンマンを引渡し、薬草を持って帰るビダム。

200人の命が1人の命よりも…と言うビダムに、人の命が重さだと思っているのか。どんな大儀も人の命より重くない。目的の為には手段は何でもいいというのかと怒るムンノ。
アイツらは、殺すとは言っていませんでした。アイツもありがとう…と言いましたと言うビダム。
何…ありがとう…大体、何にありがとうと言ったんだとムンノに言われ、師匠、すみません。あとでお叱りを受けます…とトンマンの元へ向かうビダム。

一方、鉄の棒で牢屋の丸太を叩き壊し、トンマンの元へ向かうユシン。

ソロン将軍に追いつき…。
いくら考えてもこれはまずい。考えが変わった。俺が後で、薬草の代金が必ず返す。あの子は俺がまた連れて行くと言い放つビダム。ソロン将軍の配下を蹴散らし、トンマンを助けるビダム。
敵に囲まれるビダムとトンマン。
そこへ、トンマン…とユシンが。
お前、終わったら、殺してやる…と言うユシンに、終わってから話そう…終わってからな…と言うビダム。

来て見ろ、この子に関わる者は、皆殺しだ…と言い放つビダム。
トンマンには、手を触れさせない。かかって来い…と言い放つユシン。
そして、決意した顔に変わるトンマン。

次話へ。

スポンサーリンク