(太陽を飲み込め」2話

スポンサーリンク

韓国ドラマ(太陽を飲み込め」2話あらすじ(ネタばれ)です。 

主演:チソン(キムジョンウ役)・ソンユリ(イスヒョン役)・イワン(チャンテヒョク役)・チョングァンリョル(チャンミノ会長役)・ユオソン(チェクスンリ役)・ソイヒョン(ユミラン役)

海から帰る途中に、大きな豪邸を見学しに行くジョンウだが…。
家の主人が銃を構え出てくる。
家を見に来ました。こんな家を買うにはいくらするのか知りたくて、気に入ったから…と近づくジョンウに、銃を放つ主人。三つ数える目に俺の前から消えろ…と言う主人に、三つまで数えずに撃ってください。さあ…と叫ぶジョンウであった。

反対デモをする者からサインを貰って来る仕事を請けるジョンウ。
船に乗り込み、ガソリンをまき、書類にサインさせるジョンウであった。

偶然、チャンミノ会長が拉致された所を見かけ助けようとするジョンウだったが…。
ボコボコにやられ…。会長の配下が駆け付け…危機一髪のところを助かるジョンウ。

ジョンウを屋敷に呼ぶチャンミノ会長。
大丈夫か。何で俺を助けた…と聞く会長に、分かりませんと答えるジョンウ。
命まで掛けながら、分からないのか…と言う会長に、私の人生で1番目のチャンスになるかもしれないと考えましたと答えるジョンウ。願いは何だと聞くミノ会長に、答えないジョンウ。
じゃ、俺が最初に提案する・・・、お前、ソウルに行け…と言う会長であった。

ソウルに行けば、チャンテヒョクという会長の弟がいる。犬のように侍れ。テヒョクは会長の唯一の後継者だ。十分に、お前の人生のチャンスになるはずだ…と室長に言われ、飛行機でソウルに向かうジョンウであった。

ライブをするテヒョクに会うジョンウ。
俺はキムジョンウだ。チェジュ島から来た…お前と一緒に住むのが俺の仕事だ。お前が死ねと言えば、死ぬこともできる…とテヒョクに言うジョンウであった。

次話へ。

スポンサーリンク