(太陽を飲み込め」3話

スポンサーリンク

韓国ドラマ(太陽を飲み込め」3話あらすじ(ネタばれ)です。 

主演:チソン(キムジョンウ役)・ソンユリ(イスヒョン役)・イワン(チャンテヒョク役)・チョングァンリョル(チャンミノ会長役)・ユオソン(チェクスンリ役)・ソイヒョン(ユミラン役)

猛スピードでスポーツカーを飛ばし、マンションへ。
何を見ても見ないことにしろ…部屋は沢山あるから気に入ったのを使えとジョンウに言って、自分の部屋に入っていくテヒョク。

音大の前で…。
俺が指示すれば、何でもやると言っただろ。俺が好きな女がいる。そんな気分、感情になるのは初めてなんだが、俺の気持ちを伝える方法が分からない。お前がその娘の心を掴んで来てくれ…今頃、あの建物の中にいるはずだ。俺が知っているのは名前だけだ。人間関係から、どこに住んでいるのか、父母は何しているのか、頭から足まで全て…とジョンウに指示し、去って行くテヒョク。

ピアノ練習室の部屋をひとつひとつ開け、イスヒョンを探すジョンウ。
そこには、ビオラを弾く女性が…。
幼い時に見たビオラを弾く女の子を思い出すジョンウ。

モデルのバイトをし、子供にバイオリンを教え、夜はバーでピアノを弾くイスヒョン。

階段を上がって来たスヒョンに車をぶつけ出会いの場を作ろうとするジョンウだが、スヒョンではなく、スヒョンの友達だった。スヒョンの友達に、パーティーに招待するからもうひとり連れて来て欲しい…と、スヒョンを連れ、パーティー会場に行くスヒョンの友達だが…。

バーで。
イスヒョン氏でしょ。チャンテヒョク氏を知っているでしょ。この場は、テヒョクがスヒョン氏の為に準備した場所ですとスヒョンに言うジョンウ。
テヒョクに電話するジョンウ。久しぶりとテヒョクが…。

150億を用意した対価に、人を殺してくれ…と取引を持ちかけられるチャンミノ会長。
室長に、ジョンウを呼べ…と命じるチャンミノ会長。

チェジュ、チャンミノ会長の豪邸で…。
2回目のチュンスは考えるな。もう、俺の配下だ。頭が痛いことがあるんだが、人の命を取ることなんだが…とジョンウに言うチャンミノ会長であった。

次話へ。

スポンサーリンク