「太陽を飲み込め」13話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「太陽を飲み込め」13話あらすじ(ネタばれ)です。 

主演:チソン(キムジョンウ役)・ソンユリ(イスヒョン役)・イワン(チャンテヒョク役)・チョングァンリョル(チャンミノ会長役)・ユオソン(チェクスンリ役)・ソイヒョン(ユミラン役)、ユオソン(ジャクソンリー役)、キムビョンセ(トニーディレクター役)、ハンソニョン(ハンチヨン役)

会場に乗り込み他のカジノ代表を脅迫し、自分の側に取り込むチャンミノ会長。

チャンミノ会長の晩餐会の後。
会長もお前も俺がどうにかできる相手じゃないことが分かったから、そうすれば俺を信じるのか…と言うジョンウに、俺はお前に貸しがある。その貸しの為に、すまない気持ちもあるが、お前が自らそれを失くさせた。他のものは我慢できても、スヒョンに関わるなと言っただろ。それだけは許さないと言っただろ…と去ろうとするテヒョク。スヒョンに何の感情もない…それを証明したら信じるのかと言うジョンウであった。

スヒョンに電話するジョンウ。
喜んで駆けつけて来るスヒョンだが…。アフリカで会ったこと、その時に交わした話、全て忘れてくれ。俺に対する感情は、憐憫だ。俺もお前が気に入ったのは、同情だった。ふたりとも錯覚していたんだ。俺は錯覚から覚めたから、お前も冷静に判断しろ…と言い放ち去って行くジョンウ。
ジョンウ氏…と呼ぶスヒョンだが、振り返らずに、エスカレータを降りていくジョンウであった。

バイクに乗って、堤防へ。
堤防の上で叫ぶジョンウ。・・・回想(酒場でヒョン刑事と)・・・
チャンミノは、お前の存在自体を知らないみたいだ。ミヨンが自分の血を引く子供を身ごもったこと事実を想像もできないのだろう。お前はどうするんだ。お前がミヨンの息子だということをチャンミノに言うのか…と言うヒョン刑事に、その話、秘密にしておいてくださいと言うジョンウ。
そして、スヒョンが父母の交通事故をもう一度調査してほしいと言って来た事を告げるヒョン刑事。

チヨンに部屋を案内されるジョンウ。
テジョングループで行っている事業について詳細に知りたい。ホテルリゾート事業は勿論、カジノ事業まで、事業計画書に関連する全ての資料を準備してくれ。会長に上がる全ての資料がペク室長を経由するはずだ…とチヨンに頼むジョンウであった。

チャンミノ会長直々の命令で、テジョンホテル建設に反対するアンソンギル議員を何とかしろ…と命じられるジョンウ。
議員を尾行し、調査するジョンウ。
ワザと議員の車に飛び込み…病院で、肋骨骨折で全治6週間の診断を受けたのに大丈夫という訳ないでしょ…ひき逃げした…と恐喝し、議員のテジョンホテル建設に反対を解決するジョンウであった。

病室で。
ジャクソンからスヒョンがまだ自分に未練があるということを聞き、スヒョンに電話するジョンウ。

バーで。
あの時はどうしたの。ジョンウ氏がそういう人じゃないことは分かっているが、だけど、突然、そうだから、私がどんなに当惑したか。何か起こったの…と聞くスヒョンに、この席は、テヒョンの為に準備した…と言うジョンウ。泣きながらジョンウの頬をたたき出て行くスヒョンであった。

次話へ。

スポンサーリンク