「太陽を飲み込め」9話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「太陽を飲み込め」9話あらすじ(ネタばれ)です。 

主演:チソン(キムジョンウ役)・ソンユリ(イスヒョン役)・イワン(チャンテヒョク役)・チョングァンリョル(チャンミノ会長役)・ユオソン(チェクスンリ役)・ソイヒョン(ユミラン役)、ユオソン(ジャクソンリー役)、キムビョンセ(トニーディレクター役)

ジョンウに会い、スヒョンには手を出すな…と警告するテヒョク。

一方、トニーディレクターに新しく書いた脚本を提出し、いいじゃないか…とOKサインを出され喜ぶスヒョン。

イスジャン殺しの犯人として目をつけ、チャンミノ会長の身辺を調べるヒョン刑事。
チャンミノ会長のアトリエで、描きかけの肖像画を見、何かを感じるヒョン刑事。
アトリエに入り、捜査令状がなければすぐに消えろ…とヒョン刑事に怒鳴るチャンミノ会長。
アイツをこのままにしておけない…と室長に命じるチャンミノ会長であった。

一方、シルクドソレイユ本社に行き、アジア市場パートナー契約を結ぶテヒョク。

トニーディレクターを訪ねるスヒョン。
グッドニュース、バッドニュース…どちらを聞きたいと言うトニーディレクターに、グッドニュースからと答えるスヒョン。正式社員になれる。お前の新企画が気に入ったみたいだ。おめでとうと言うトニーディレクター。バッドニュースはと聞くスヒョンに、当分、俺と離れないといけない。正式社員になると同時に、アジア公演のスタッフになる。お前の境遇で海外スタッフになるということは、ないことだ。シルクドソレイユに後ろ盾でもいるのか…と言うトニーディレクターであった。

レストランで。
正式スタッフになれたと喜ぶスヒョン。
明日、日本に行くの。6ヶ月ぐらい…と言うスヒョンに、良かったじゃないかと言うジョンウ。
私に言うことはないの…と言うスヒョンに、どこにいても、お前の願いが叶うことを祈ると言うジョンウ。
そういうことじゃなくて…と言うスヒョンだが…。別れ際に、握手し、ジョンウに抱きつくスヒョン。
泣きながら帰るスヒョンであった。

一方、酒を飲んだ帰りに、チャンミノ会長の配下に刺されるヒョン刑事。

VIPの警護で、敵との銃撃戦になり、VIPを乗せ、車で逃げるジョンウであった。

次話へ。

スポンサーリンク