韓国ドラマ【千秋太后・チョンチュ太后】67話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ【千秋太后・チョンチュ太后】67話あらすじ

登場人物:チェ・シラ(千秋太后:ファンボ・ス役)、キム・ソックン(キム・チヤン役)、チェ・ジェソン(ガンジョ役)、イ・ドッファ(カン・ガムチャン役)、キム・ホジン(ワン・ウク役)、シネ(ホンジョン王后役)、パン・ヒョジョン(シンジョン皇太后役)、イム・ヒョク(ソヒ役)、キム・ミョンス(ソンジョン役、千秋太后の兄、ワンチ)、キム・ソウン(ファン・ボスの子役)、パク・ウンビン(ファン・ボソル役)

王宮はキム・チヤン(キム・ソックン)が乗っ取りに成功し、宮から逃げた千秋太后(チェ・シラ)はキム・チヤンの手下に追われる状況に…。
その頃、北方ではガン・ジョ(チェ・ジェソン)がゴランの兵士達と戦い勝利を治めるのであった。

王室に入り、王座に座る金・チヤン。
やっと…やっとここまで来ました、お祖父様。新羅を滅ぼした高麗の後孫をやつけて、貴方の孫がやっとこの王座を手に入れました。だけど、どうしてでしょうか…どうしてこんなに心が重たいのでしょうか?大業を果たせば得ると思えた心の平和はどうして感じられないのですか?と思うキム・チヤンであった。

一方、ゴランでは、高麗に反乱が起きたことを知り高麗を侵略すると臣下達に命令する王。
そんな王を止められるのは、ゴランの太皇しかいなかった。病気の体を動かせ宮に戻り、今は高麗と戦争して勝利する事はできないと、高麗を侵略しようとする王と臣下達を責め、自分か生きている間は絶対駄目だと激怒するのであった。

兵士達に追われながら、王に話す千秋太后。
王が正しかった。こんな事になった全てが私の為です。王が言ったようにキム・チヤンのことを信じるのではなかった。母の為にこの国が滅びる状況に落ちってしまった。と言う千秋太后に、
そんなこと言わないでください。お母様は何にも知らずにやられたのですから、と慰める王。

知っても、知らなくても、私が全てを台無しにしてしまいました。王に政治を任せていたら王も無事で、国もこんな風にはなってないはずなのに…私の罪が大きすぎる…ごめんね…王。と千秋太后。
そんな千秋太后の手を握りながら、お母様…そんなに自分を責めないでください。僕がしっかりしていなかったからこんな事になってしまったのです。お母様の心を苦しめてばかりいました。不孝な僕をゆるしてください…お母様。と王。そんな王を抱きしめて泣く千秋太后であった。

王と一行を助ける為に敵の前に現れ彼らに捕らわれてしまった千秋太后は、王室に居るキム・チヤンの前に…。
いらっしゃいませ太皇様…。と、迎えるキム・チヤンであった。

スポンサーリンク