韓国ドラマ【千秋太后・チョンチュ太后】69話あらすじ

スポンサーリンク

韓国ドラマ【千秋太后・チョンチュ太后】69話あらすじ

登場人物:チェ・シラ(千秋太后:ファンボ・ス役)、キム・ソックン(キム・チヤン役)、チェ・ジェソン(ガンジョ役)、イ・ドッファ(カン・ガムチャン役)、キム・ホジン(ワン・ウク役)、シネ(ホンジョン王后役)、パン・ヒョジョン(シンジョン皇太后役)、イム・ヒョク(ソヒ役)、キム・ミョンス(ソンジョン役、千秋太后の兄、ワンチ)、キム・ソウン(ファン・ボスの子役)、パク・ウンビン(ファン・ボソル役)

臣下達はキム・チヤンに騙されて国を混乱に陥れた千秋太后の責任を追及し宮から追い出そうとする。
この事を知ったガン・ジョは、強く反発し大臣達の前で乱動lを起こし、それはいけないことですと、千秋太后を説得しようとするが、自分の責任を痛感している千秋太后は考える時間をくれ、と頼む。

それから数日が経ち、デリャンウン君が宮に入る日。
ガン・ガムチャンに、自分はどうすればいいのか聞く千秋太后。
今回の事は方法がないようです…。宮を出た方がいいと、正直に話すガン・ガムチャン。
そうですか…、もう全てが終わりと言うことですね… だけど、その道しかないのですよね…、私は結局失敗してしまったのですね、そんなに頑張って来たのに…ここが終わりと言うことですね…と、言いながら涙を見せる千秋太后であった。

デリャンウン君が宮に入る。
密かに宮を出て寺に来た千秋太后。 キム・チヤンを連れて来る。
必ず聞きたいことがあって連れて来た。貴方が私に接近して来たのは、最初から私を利用しようとしていたのか? と聞く千秋太后に、
そうです。太皇の側にいるのが私の初の目的でした。一人になって寂しい人を誘惑することは簡単でした。僕は自信がありました。と、言うキム・チヤンに、
うそだ、うそのこと言わないで!! だったらゴランでどうして命を掛けてまで私の事を助けたのか?と聞く千秋太后。
正直、あの時太皇があんまりにも無謀で僕だけ死ぬところでした。太皇は女としては少しの魅力も無い人でした。太皇が持っている政治的な力が無かったら僕もそこまでしたくはありませんでした。と、言うキム・チヤンに、それでも…私は本当だった…先王に罪を犯しながらも私は貴方が本気で好きだった。王の反対と人達の目を気にしながらも貴方の子供をおろさないで産んだ…。いつか、宮を出て貴方を幸せに暮らせる日か来ることを信じ…なのに…、なのにどうして私にこんなことが出来るの?? と言う千秋太后。

貴方は、貴方は僕の大業の橋のほか何にもない。貴方は僕の目的に一つの手段に過ぎなかった。
正直、貴方と一緒にした日々は苦しくてたまらなかった。と、キム・チヤン。
私は…、私は、本当に貴方のことが好きだった…と言う千秋太后に、悪いが…僕は…僕は、一度も、一瞬もそんな事はなかった…と、必死に感情を抑え話すキム・チヤン。

貴方は私の愛を裏切って、私の夢を台無しにして…私の息子を殺した…。と、言い持っていた刀でキム・チヤンの腹を刺して泣き崩れる千秋太后であった。

スポンサーリンク