「太陽を飲み込め」15話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「太陽を飲み込め」15話あらすじ(ネタばれ)です。 

主演:チソン(キムジョンウ役)・ソンユリ(イスヒョン役)・イワン(チャンテヒョク役)・チョングァンリョル(チャンミノ会長役)・ユオソン(チェクスンリ役)・ソイヒョン(ユミラン役)、ユオソン(ジャクソンリー役)、キムビョンセ(トニーディレクター役)、ハンソニョン(ハンチヨン役)

ジャクソンが投入したギャンブラーが30億勝ち、現金化してくれ…と、チャンミノ会長に報告し、何をやっていたんだ…と怒鳴られるテヒョク。ムン会長にお金を準備して貰い、他のカジノ代表にも援助を依頼しろ…とペク室長とテヒョクに命じるチャンミノ会長だが…。
そのお金ですが、準備しなくてもよさそうです。お金を出さなくても解決する方法がありますとチャンミノ会長に進言するジョンウであった。

アイツらが詐欺賭博者ではないのはあっています。しかし、ラスベガスエトランタカジノで、入場禁止を受けている者達です。ブラックリストにあがっています。カジノは、カジノに不利な客を拒否する権利があります。アイツらをチェジュ島に呼んだのは、チュンモンカジノのジャクソンですと答えるジョンウ。

ジャクソンを呼ぶジョンウ。
我々があのプロギャンブラーにお金を払う義務があるのか。法的に調べるつもりだ。もし、法的に払わないといけないとしたら、当然払う。しかし、この事実が世間に知れ渡る。世間の人にはお前が準備した勝負だということが、卑劣なことだと受けいれられると思うが、それでもいいか…と言い放つチャンミノ会長に、静かに引き下がりますと答えるジャクソン。
このカードがどうやって分かったのか、気になります…と言うジャクソンに、キムジョンウがお前の下でカジノについて学んだそうだな…と答えるチャンミノ会長。お前に手足を噛まれるとは…と出て行くジャクソンであった。

途中の道路で下車し…。
お前、ここの道を知っているか…と聞くチャンミノ会長に、51軍道路だそうですと答えるジョンウ。
どうしてそんな名前がついたのかも知っているか…と聞くチャンミノ会長に、パクチョンフィ政権の時に、凶悪なヤクザを連れて来て道路を作り、そういう名前が付いたと聞きましたと答えるジョンウ。
よく知っているな。そのヤクザ達が国土建設団だった。そのヤクザの中に俺もいた。犬にも劣る待遇でこの道路を作った。俺が誰にも言わなかった話を何でお前にしたか分かるか。犬にも劣る待遇を受けたヤクザが今のテジョングループの会長になった。キムジョンウ、お前も出来ないことはないということを言いたかったからだ。俺の為なら何でも出来ると言っただろ。それは結局お前の為だ。お前もお前の王国を建てることができる。お前の父親のことだけど、お前の父親はお前の存在を知っているのか…と言うチャンミノ会長に、知らないと思います。私の母が私を身ごもったことを知らないと聞きました。私の母とはとても短い縁で会い、チェジュ島を離れたので、私がいるという事実は知らないはずですと答えるジョンウ。お前はお前を捨てた父を恨んでいるだろうが、血のつながりと言うのは、恨みを無効にする。いつかお前もお前の父を許すときが来るだろう…と言うチャンミノ会長であった。

ヒョン刑事を殺せ…とジョンウに命じるチャンミノ会長だが…。

次話へ。

スポンサーリンク