「太陽を飲み込め」16話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「太陽を飲み込め」16話あらすじ(ネタばれ)です。 

主演:チソン(キムジョンウ役)・ソンユリ(イスヒョン役)・イワン(チャンテヒョク役)・チョングァンリョル(チャンミノ会長役)・ユオソン(チェクスンリ役)・ソイヒョン(ユミラン役)、ユオソン(ジャクソンリー役)、キムビョンセ(トニーディレクター役)、ハンソニョン(ハンチヨン役)

ヒョン刑事を始末しろ…とジョンウに命じるチャンミノ会長。

チャンミノ会長の豪邸で。
一方、チャンミノ会長に会うスヒョン。
この土地の主人であった私の父母、10年前、交通事故で亡くなりました。
土地を奪って売った者は失踪して、この土地が会長の邸宅になった。偶然…と言うスヒョンに、何の弁解もすることもない…と言い放つチャンミノ会長であった。

カフェで。
米国に戻る…と言うスヒョンに、ジョンウが何でチャン会長の下で働くか理解できないといいましたね。ジョンウはチャン会長の息子です。これはジョンウと私以外には誰も知らない事実です。チャンミノ会長も…。悪い因縁の為に、ジョンウはスヒョン氏への思いを抑えているんだと思うと話すヒョン刑事であった。

チャンミノ会長の豪邸のベランダで。
一方、チャンミノ会長の前に膝まづき、私にはふたりの父がいます。ひとりは私の存在自体知らない父、もうひとりは、孤児であった私に父の情を感じさせてくれた父、その方がヒョン刑事です。会長が指示されたことは全てやると決意しましたが、今回の件はどうしてもできませんでした。会長が追い出すと言っても受けますと言うジョンウ。警察に楯突くのは無謀なことだ。俺が言ったことは全て忘れろ。今言ったことは、お前を消耗的に使うということではなく、長く俺の側で使うという意味だ。起きろ…と言って、ジョンウの肩をたたき、部屋に入って行くチャンミノ会長であった。

しかし、ペク室長の指示で、事故死させられるヒョン刑事。

チャンミノ会長と会議中のペク室長。
突然、会議に乱入し、ヒョン刑事が死にました。会長ですかとチャンミノ会長を睨み付けるジョンウ。
俺がやったと思うのか。そうであったなら、お前が放棄すると言ったときの、俺の反応はどうだったと思うのか。もう一度、言うが俺は警察に手を出すほど、愚かで、無謀でない…と言うチャンミノ会長。では、室長ですか…と聞くジョンウ。出て行けと言うペク室長に、答えてくれ…と言うチャンミノ会長。
お前がやったのか…と聞くチャンミノ会長に、違いますと答えるペク室長。
今までの無礼はヒョン刑事とお前の関係を考えて許す。出て行け…と言うチャンミノ会長。
ペク室長を睨み出て行くジョンウであった。

ペク室長が亡くなり、長く落ち込んでいたジョンウだが…、やっと立ち直り…。

朝食の場で。
チュンムンカジノを買収したら、お前に任せる…と言い放つチャンミノ会長。

次話へ。

スポンサーリンク