「太陽を飲み込め」17話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「太陽を飲み込め」17話あらすじ(ネタばれ)です。 

主演:チソン(キムジョンウ役)・ソンユリ(イスヒョン役)・イワン(チャンテヒョク役)・チョングァンリョル(チャンミノ会長役)・ユオソン(チェクスンリ役)・ソイヒョン(ユミラン役)、ユオソン(ジャクソンリー役)、キムビョンセ(トニーディレクター役)、ハンソニョン(ハンチヨン役)

朝食の場で。
もうすぐ、チュンムンカジノを買収する。チュンムンカジノを買収したら、お前に任せる…とジョンウに言い放つチャンミノ会長。

本当にキムジョンウにチュンムンカジノを任せるつもりですか。キムジョンウにこんな待遇を与える理由は何ですか…と聞くテヒョクに、お前の為だ。能力のある者をどうやって利用し、どうやって使うかが主人の能力だ。お前は主人だ。チュンムンカジノ買収に俺がキムジョンウをどのように使うのかよく見ておけ…と言い放つチャンミノ会長であった。

チュンムンカジノの大株主の名簿を手に入れ、株を放棄させろ…とジョンウに命じるチャンミノ会長。

ジョンウの祖母がいた養老院を配下と共に訪ねるチャンミノ会長。
介護士から、ヒョン刑事が面倒を見ていたこと、1回だけ、孫が来たこと。死んだ娘に息子がいたこと。ヒョン刑事が確かに孫だと言ったことを聞いたことを聞くチャンミノ会長だが…。
ヒョン刑事も亡くなってしまったから、どこにいるかは分からない…と言う介護士。

ジョンウの事務所を訪ねるスヒョン。
ヒョン刑事が亡くなった夜、ジョンウ氏の父が誰なのか、全て聞いた。止めちゃだめなの。自分を自ら壊すような復讐にどんな意味があるの。復讐して何が変わるの。ジョンウ氏がどんどん孤独になるだけじゃないのと言うスヒョンに、もうこれ以上失くすものはない。戻るとしても、とても遠くに来てしまったし、もし俺がここで止めたら、俺の父という人は、自分の罪が何だか分からないままそのまま生き続ける。絶対そのまま放っておくわけにはいかない。俺の人生を掛けても、生きてきた人生を後悔させてやる。あの人との関係、誰にも知られないように、頼む。そして、ヒョン刑事との話も全て忘れろ…と言い放つジョンウであった。

航空会社事業を新規に始める為に、ムン闇金融に金を借りたチュンムンカジノ社長だが、その金はチャンミノ会長の資金だった。

裏切ったジミーの件で、ジャクソンに呼ばれるジョンウ。
酒場で。
俺と手を組んで大きなギャンブルをしませんか…と言うジョンウに、お前の何を信じてと言うジャクソン。チャン会長がチュンムンカジノを買収しようとしていること、航空事業に投入された資金がムンソンチョル会長(闇金融)のお金じゃなく、チャン会長の金だということ、チャン会長がチュンムンカジノとゴルフ場を買収する為にやっていること、そして、チャン会長がチュンムンカジノとゴルフ場を買収する為に無理して資金を使っていることをうまく利用すれば、一瞬でチャン会長を貶めることができますと言うジョンウ。どういう理由でチャン会長を貶めようというのか…と聞くジャクソンに、アイツが俺の父です。俺を捨て、俺の母を惨めに殺した、まだ俺の存在すら知らず、自分の目的を果たす為に、俺を使っているヤツが俺の父ですと話すジョンウであった。

チャンミノ会長の屋敷にあるデッサン室で。
チャンミノ会長が描いた自分の母の肖像画を見ているジョンウ。
そこへ、チャンミノ会長が…。ここで何をやっていると聞くチャン会長…。

次話へ。

スポンサーリンク