「太陽を飲み込め」19話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「太陽を飲み込め」19話あらすじ(ネタばれ)です。 

主演:チソン(キムジョンウ役)・ソンユリ(イスヒョン役)・イワン(チャンテヒョク役)・チョングァンリョル(チャンミノ会長役)・ユオソン(チェクスンリ役)・ソイヒョン(ユミラン役)、ユオソン(ジャクソンリー役)、キムビョンセ(トニーディレクター役)、ハンソニョン(ハンチヨン役)

テジョンカジノのVIPルームでゲームをするチュンムンカジノの大株主ナボンチョル。
チュンムンカジノ代表のジェクソンに、金を貸せ…と迫るナボンチョルヤクザだが…。
信用で金を貸してくれ…チュンムンカジノの株に関心があると言っただろと言うナボンチョルヤクザに…株の総額30億なら貸す…と、ゲームを続けるヤクザ。完全に負けて…。
俺が内国人だと知っていてカジノに入れただろ、俺が告発したらカジノを閉めないといけないのが分からないのかと脅すナボンチョルヤクザに、私達はナ社長が提示されたフィリピンのパスポートに何の問題もないので受け入れました。警察に言ってもかまいませんよ。我々は何日か営業停止になるでしょうが、ナ社長は、パスポートを作ったことに問題が生じます。今、執行猶予期間だ思うのですが…去って行くナボンチョルヤクザ。

チュンムンカジノ株確保に成功し、ヤクザの持分をチャン会長から貰うジョンウ。

港で。
ソウルからチェジュ島に配下集めるナボンチョル。
ジョンウ達に襲いかかるヤクザ達。ジャクソン達が加勢に…。全てやっつけて…。
ナボンチョル、傭兵って知っているか。金を貰って人を殺すのが傭兵だ。ここにいるヤツらは、お前達みたいなヤクザ、1対100でも殺す傭兵だ。戦いにならない。どういう意味だか分かるか…と言うジャクソン。
ジョンウともう一度手を組むことにした…と皆の前で発表するジャクソン。

次話へ。

スポンサーリンク