「善徳女王[ソンドク女王])」52話

スポンサーリンク

「善徳女王[ソンドク女王])」52話あらすじ(ネタばれ)です。 

主演:イスンジェ(新羅真興王役)・イムホ(新羅真智王役)・チョミンギ/ペクチョンミン[子役](新羅真平王役)・ユンユンソ/パクスジン(新羅真平王の皇后役)・シング(ウルチェ役:真平王忠臣)・チョンホビン(ムンノ役:新羅真平王配下)・ソヨンヒ(ソファ役:新羅真平王の侍女)・ユスンホ(キムチュンチュ:新羅武烈王)・コヒョンジョン(ミシル役)・アンギルガン(チルスク役:ミシル配下)・イヨウォン/ナムチヒョン[子役](善徳女王役)・オムテウン/イヒョヌ[子役](キムユシン将軍役)・パクイェジン/シンセギョン[子役](チョンミョン王女役:善徳女王の双子の姉)・ソン・オクスク(ソリ役:神官)・キムナムギル(ビダム役)

我々の新しい神国を率いる我々の陛下でいらっしゃいます…と紹介され、王として即位をするトンマン王。陛下、惜しみなく、私の全ての物を捧げますと誓うユシン、そして、陛下、惜しみなく、全ての物を奪いますと誓うビダムであった。

神国に不信な事はあったが、全て過ぎ去った過去として、歴史に埋める。
今から全ての者がひとつの心で、ひとつの志で、神国の新しい夢、新しい時代を開かないといえないと忠臣達に命じるトンマン王であった。

会議の場で。
マウンニョン、ファンチュリョン、タンアンソン(地名)…前王がどうやって領地を広げたと思いますか。武器で…違います。人ですと言うトンマン王の話に、そうです。守る場所がある人、守ろうという夢がある人、そういう人をおっしゃっているのです…と付け加えるチュンチュ候。
そうです。神国の志と自分の志が一致した人ですと言うトンマン王に、土地を持った人を話しているのですかと聞くビダム。
奴隷がこの神国を守らないといけないと思いますか。民の全てにファランのような忠誠心を求めることはできませんと言うチュンチュ候。
守らなければいけない自分の土地、民への大儀はここから出発します。神の国が弱くなれば、自分も没落するという思いを植えつけなければ、どうやって三韓統一の道に歩み出ることができますか。いつかは、全ての民に土地を持たせます。必ず…とチュンチュ候、ユシン、ビダム、アルチョンの前で言い放つトンマン王であった。

展望台で。
三韓統一の為の第一歩が何だと思いますか。私は伽耶だと思います。全ての差別を廃止して、伽耶の人材を重用します。ウォルヤとポギャ会が私を助け、大きな貢献をしたのかも分かっています。彼らの期待が大きいのも分かっています。しかし、ポギャ会は存在してはいけません。ポギャ会は反逆ですと話すトンマン王に、ウォルヤと話し、ポギャ会を解体します。心配しないでください…と答えるユシン。ユシン、ウォルヤは違います。ユシン候を始め私を助けた者の中で、ウォルヤだけが利害が違いますと言うトンマン王女に、同じにします…と答えるユシンだが…。

トンマン王の部屋で。
私の剣にならないといけないと言うトンマン王に、陛下、陛下がいつでも使える剣になりますと答えるビダムであった。

・・・時は流れ・・・
戦いに勝利して凱旋帰国するキムユシンの部隊。

一方、ポギャ会が今だ存続していることに気づき、証拠を突き止めようとするビダム。
ポギャ会に関係している者を配下に連行させるビダム。
伽耶の暗号の書簡を自ら書き、仲間が全て吐いた。暗号文を持って、伽耶一存(伽耶はひとつだ)という意味だろ・・・とポギャ会のメンバーを嵌めるビダム。

展望台で。
ウォルヤが逮捕されました。部下に罪があるなら上司の私にも責任がありますと迫るユシンに、ウォルヤを捨てないといけない。いや、伽耶を捨てなさい。私は伽耶を差別する法を廃止し、伽耶を要職に重用しました。同じ神国の臣下として平等に対しました。今後もそうします。しかし、何で、なのにどうして、ポギャ会が活動しているのですか。解体し、軍に編成したと言いませんでしたか。ポギャ会のスパイ、首領は勿論、ウォルヤだ。ユシン候、伽耶を捨てなさい・・・と言い放つトンマン王であった。

膝まづき、それが事実なら、ウォルヤは大罪を犯したことになります。しかし、長い間、迫害されてきた伽耶ではないですか。不安だからそうしたはずです。他の意味はないはずです。お願いです。伽耶の民を・・・と言うユシンに、伽耶の民、世界のどこに、伽耶の民がいるというのか。全てが神国の民であり、全てが私の民だと言い放つトンマン王であった。

陛下、ウォルヤが首領だと判明した以上、ウォルヤと将軍ユシンとの関係も調査しないといけませんと言うビダムであった。

次話へ。

スポンサーリンク