「善徳女王[ソンドク女王])」53話

スポンサーリンク

「善徳女王[ソンドク女王])」53話あらすじ(ネタばれ)です。 

主演:イスンジェ(新羅真興王役)・イムホ(新羅真智王役)・チョミンギ/ペクチョンミン[子役](新羅真平王役)・ユンユンソ/パクスジン(新羅真平王の皇后役)・シング(ウルチェ役:真平王忠臣)・チョンホビン(ムンノ役:新羅真平王配下)・ソヨンヒ(ソファ役:新羅真平王の侍女)・ユスンホ(キムチュンチュ:新羅武烈王)・コヒョンジョン(ミシル役)・アンギルガン(チルスク役:ミシル配下)・イヨウォン/ナムチヒョン[子役](善徳女王役)・オムテウン/イヒョヌ[子役](キムユシン将軍役)・パクイェジン/シンセギョン[子役](チョンミョン王女役:善徳女王の双子の姉)・ソン・オクスク(ソリ役:神官)・キムナムギル(ビダム役)

宮殿を脱出するウォルヤとソルチ。
ユシンを調査することを許可するトンマン王。

調査室で、伽耶を一掃しろ。ウォルヤの首を取って来い。伽耶を捨て、自分の勢力を捨て一から始めろ・・・とユシンに言い放つビダムだが・・・。

一方、今のビダムの背後にはミシルの配下と新しい勢力、中小貴族達がいます。ユシンが失脚すればビダム配下がもっと増えます。今はユシンの勢力を打ってはいけませんとトンマン王に進言するチュンチュ候。

監視部で。
ウォルヤがユシンを宮殿から救出するはずだと目算するビダム。
そうなれば、反逆者に・・・と言うヨンジョンに、ウォルヤが願うものが俺の願いでもある・・・と言うビダム。

監視部で。
兵士を出すから、ウォルヤの首を取って来い。そうしなければ私はユシンを捨てないといけない。伽耶は懐に入れることができるが、神国の王としてポギャ会は懐に入れることはできません。伽耶だけを考えているのですか、私のことは・・・と言うトンマン王だが、私を捨てても、伽耶はどんなことをしても懐に入れないといけないと反対するユシンであった。
ユシンは何で私の心が分からないのか・・・とビダムの前で嘆くトンマン王。

ポギャ会に、ユシンを護送する情報をわざと流し、ポギャ会のメンバーを護衛につけ、ユシンを奪還させる作戦に出るビダム。ユシンを奪還するポギャ会。

ユシンを反逆罪にしようと、配下、貴族を集め、意識を統一し、王の御前で、貴族達にユシンの反逆罪を問う発言をさせるビダムであった。

次話へ。

スポンサーリンク