「善徳女王[ソンドク女王])」58話

スポンサーリンク

「善徳女王[ソンドク女王])」58話あらすじ(ネタばれ)です。 

主演:イスンジェ(新羅真興王役)・イムホ(新羅真智王役)・チョミンギ/ペクチョンミン[子役](新羅真平王役)・ユンユンソ/パクスジン(新羅真平王の皇后役)・シング(ウルチェ役:真平王忠臣)・チョンホビン(ムンノ役:新羅真平王配下)・ソヨンヒ(ソファ役:新羅真平王の侍女)・ユスンホ(キムチュンチュ:新羅武烈王)・コヒョンジョン(ミシル役)・アンギルガン(チルスク役:ミシル配下)・イヨウォン/ナムチヒョン[子役](善徳女王役)・オムテウン/イヒョヌ[子役](キムユシン将軍役)・パクイェジン/シンセギョン[子役](チョンミョン王女役:善徳女王の双子の姉)・ソン・オクスク(ソリ役:神官)・キムナムギル(ビダム役)

戦場で。
ユシンの格好をし、百済の遊軍を誘い込むインジョン。
退却の命を出す遊軍の片方、合図を受け、新羅の本陣を攻めようとするもう一方の百済の遊軍。
そこには誰もいなく、遠方から、ウォルヤ率いる軍隊の火矢が空中から・・・。
百済軍を殲滅しろと叫び、百済兵に向かうユシン達新羅兵であった。
退却する百済兵・・・。

トンマン王の部屋で。
一方、先に陛下が亡くなった場合、政治権力から手を引くという誓約書をトンマン王に提出するビダム。
ビダムにとっては難しいことではありません。陛下がいない神国なんて・・・、政治が何ですか、権力が何ですか・・・とトンマン王に語るビダムであった。

王の御前で。
今回の戦争は朕の失敗だと認めます。しかし、朕は確信しています。戦争は安定した民政を持っている国が勝ちます。遅くなったが、今から国防に力を入れれば、神国は百済を越える武力を持つようになる。農機具の生産を縮小し、武器を生産する。貴族の私兵を軍に帰属し、特別軍を構成する。最後に、朕は(ビダム候と)国婚をしますと臣下の前で発表するトンマン王であった。

トンマン王の部屋で。
ビダムの誓約書をチュンチュに見せるトンマン王。
人は変わります。ビダムは自分の勢力を持っています。勢力は個人の意思で動かせるものではありません。後にビダムの意思でもどうしようも無い時が来るでしょう。この誓約に何の意味がありますか。守らなければと聞くチュンチュに、お前の言うことがあっている。ユシン候とポギャ会もそうだった・・・と書簡を渡し、ビダムが誓約を守らなければ、ビダムを暗殺しろ。私の心が変わるかもしれない。だから勅令を残すのだ。そして、それでもビダムを側に置いておきたい気持ちを理解してくれとチュンチュに命じるトンマン王であった。

ユシンの部屋で。
三韓統一の為の地図を渡すビダム。

一方、ビダムがトンマン王と誓約を交わしたこと、三韓統一の為の地図をユシンに渡したことを知り、ビダムが権力の道を引き返せないように、同じ船に乗らせることを計画するビダム配下達。

王の御前で。
(ビダム配下の計略により)トンマン王に、皇帝陛下が新羅がよく侵略を受けるのは、女性を王としている為に、隣国がなめているのではないかと言われ、親族のひとりを送り新羅の王にし、軍を送り包囲するのはどうかと要請されました…と言い放つ使者。
自衛隊長アルチョン、コイツらを監禁しろ。そして、チュンチュ、唐に使者を送り、今の言葉が皇帝の言葉なのか、コイツらの言葉なのか確認しろと命じるトンマン王。
もし、それが皇帝の言葉なら、朕は唐との外交をやめる。お前達の言葉なら大罪で処刑すると言い放つトンマン王であった。

トンマン王の部屋で。
カラスの羽根を火にあぶり、紙に複写するチュンチュ候。
カラスの羽に描かれた密約が紙に・・・。
そこには、唐の使者の署名とビダムの署名が・・・

一方、ビダム候を同じ船に乗せるだけでなく、今回の機会に陛下に退いてもらうことを決めました。ビダム候は王になろうとしていたのではないですか…とビダムに話すビダム配下。

密約の布を持ちながら、ビダムが・・・と呟くトンマン王。

次話へ。

スポンサーリンク