同伊(トンイ)1話

スポンサーリンク

同伊(トンイ)1話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:ハンヒョンジュ(同伊[トンイ]役)、チジニ(スクチョン王役)、イソヨン(チャンヒビン役:王の側室)、ペスビン(チャチョンス役)、チョンドンファン(オテソク大臣役)、チェチェロ(オユン役:軍部役人)、チョンジニョン(ソヨンギ役:軍部役人)

橋の下で。
倒れている両班を見つける同伊(トンイ)。
手を動かし、何か言おうとする両班に、大丈夫ですか・・・何ですか・・・ダメです。話さないでください。血が沢山流れています・・・と人を呼びに行く同伊(トンイ)であった。
役人を連れて行く同伊(トンイ)だが、既に、息が途絶えていて・・・。
何かを言ったみたいだけど、音が出ていなくて・・・と証拠になる事を役人に伝えることが出来なかった同伊(トンイ)であった。

同伊(トンイ)の父に死人の検死を頼み、検死から殺された場所を特定するソヨンギ隊長。
一方、自分のカバンの中に、両班が入れたカンジョンヒョンという名前が書かれた名刺?を見つけ、役人の元へ届け、両班が手話みたいに手を動かしていたと動かしてみせる同伊(トンイ)。

帰り道に、導師に呼び止められ、大きな道から帰れ、人が多い道から帰れ・・・と突然、言われる同伊(トンイ)。
言われた通り、大きな道から帰る同伊(トンイ)。
家に帰ると同伊(トンイ)を待っている者が・・・ある屋敷に連れて行かれる同伊(トンイ)。

一方、表の顔は奴隷の身分の検死官だが、裏の顔は、コムゲ(剣契)の首領である同伊(トンイ)の父は、配下を集め・・・。

次話へ。

スポンサーリンク