同伊(トンイ)4話

スポンサーリンク

同伊(トンイ)4話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:ハンヒョンジュ(同伊[トンイ]役)、チジニ(スクチョン王役)、イソヨン(チャンヒビン役:王の側室)、ペスビン(チャチョンス役)、チョンドンファン(オテソク大臣役)、チェチェロ(オユン役:軍部役人)、チョンジニョン(ソヨンギ役:軍部役人)

東屋で。
両班を殺したのもコムゲ(剣契)なの・・・と聞くトンイに、首領(トンイの父)ははめられたんだ。コムゲは逃げた奴隷達を助けてきた。誰かがそれを利用し、両班を殺し、その罪をコムゲに被せているんだ。だから、強くなれ・・・と諭すチョンスであった。

洞窟で。
残ったコムゲ(剣契)のメンバーが洞窟に集い・・・。

船着場で。
コムゲ(剣契)のメンバーの一人にトンイを任せ、後で合流するから・・・この(鉢巻の)印が分かるか、これの印を掲げておけば、俺が探しに行くから・・・と首領(トンイの父)を助けに向かうチョンス。

首領(トンイの父)を助けに行くコムゲ(剣契)の残党だが・・・。
役人に完全に殺され、チョンスも槍で刺され、崖から落ち・・・。
一方、気になり、現場に向かったトンイ。
自分が父にあげた巾着を見つけ、父上、兄上、約束したでしょ。必ず来ると言ったのに・・・と雨の中泣くトンイであった。

次話へ。

スポンサーリンク