同伊(トンイ)29話

スポンサーリンク

同伊(トンイ)29話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:ハンヒョンジュ(同伊[トンイ]役)、チジニ(スクチョン王役)、イソヨン(チャンヒビン役:王の側室)、ペスビン(チャチョンス役)、チョンドンファン(オテソク大臣役)、チェチェロ(オユン役:軍部役人)、チョンジニョン(ソヨンギ役:軍部役人)

街で。
俺がお前をどんなに探したのか分っているか。二度とお前に会うことができないのかと・・・どこにいたんだと言う王に、許してください。王様に会いたかったけど、王様に会う方法がありませんでしたと答えるトンイ。
許しを請わないといけないのは俺だとトンイを抱きしめる王であった。

まだ信じられません。私の楽器の音を聞いて王様が私を探し出してくれるとは・・・と言うトンイに、あの楽器の音色の主人がお前だったとは・・・お前がいないのがこんなに辛いとは思わなかった。二度と会えないという恐れがこんなに怖いということを知らなかったと言う王。王様に二度と会えないのかと恐れていました。しかし、王様は私を探し出してくれましたと微笑むトンイ。俺の前でまた微笑んでくれるお前をまた見れて、死んでもいいというのはこういうことなんだなと話す王であった。

王の実家で。
王の実家で養生をしているトンイだが・・・身体の状態が悪化し、薬が手に入りませんと報告する宮殿の医師に、俺の漢薬をトンイに飲ませろと命じる王。

次話へ。

スポンサーリンク