同伊(トンイ)38話

スポンサーリンク

同伊(トンイ)38話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:ハンヒョンジュ(同伊[トンイ]役)、チジニ(スクチョン王役)、イソヨン(チャンヒビン役:王の側室)、ペスビン(チャチョンス役)、チョンドンファン(オテソク大臣役)、チェチェロ(オユン役:軍部役人)、チョンジニョン(ソヨンギ役:軍部役人)

無罪が証明され、チュンジョンに返り咲く元チュンジョン。

宮殿で。
何も聞かないのか。出来れば全てを隠したい。俺がどんなに駄目な王なのか、悪い男だということを・・・ヒビンでも・・・誰でもない・・・一番悪かったのは俺だった。嘘を見抜けずに、チュンジョンを追い出し、ヒビンを変えてしまったのは俺だった。それでも俺はまた決断を下すしかない。ヒビンの罪が決して許されない物だということを知っていながら、世継の為に、その母を追い出すことはできなかったとため息をつく王に、王様はチュンジョン様の無罪を証明され、世継を守られました。それなのに何で自責の念を感じているのですか。私は王様がそうされると信じていました。この国と朝廷の為に、そうされるのが正しいですから・・・、王様はいつも正しかったですと言うトンイ。
しかし、今回の決断はお前を苦しめる決断になるかもしれない。チュンジョンの位置から降りたといっても、ヒビンは世継の母だ。それは、ヒビンの力が残っているということだ。それは結局、お前に・・・と言う王に、それで私が王様を恨むと思っているのですか。私の未来が心配で・・・、私は怖くありません。王様が何を心配されているのかは分かります。しかし、心配しないで下さい。私はトンイです。王様を信じ、私自身を信じ、そうやって打ち勝って行きますと笑うトンイであった。

ヒビンに対抗できる力を与える・・・とチュンジョンから監察部を任されるチョンサングン(トンイ)。

懐妊するチョンサングン(トンイ)であった。

次話へ。

スポンサーリンク