同伊(トンイ)47話

スポンサーリンク

同伊(トンイ)47話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:ハンヒョンジュ(同伊[トンイ]役)、チジニ(スクチョン王役)、イソヨン(チャンヒビン役:王の側室)、ペスビン(チャチョンス役)、チョンドンファン(オテソク大臣役)、チェチェロ(オユン役:軍部役人)、チョンジニョン(ソヨンギ役:軍部役人)

宮殿で。
宮殿に戻るスゴン(トンイ)とクマ。
父(王)に会うクマ。

一方、キムグヒョンを説得しクマの師匠にする為に、毎日、クマをキムグヒョンの元へ送るスゴン(トンイ)。
危険を避けるために宮殿で小学を知らない振りをするようクマに言うスゴン。

宮殿内の授業で。
王が見学に・・・。
先生の質問に全て答えるチャンヒビンの息子(王子)。
ヨニン君(クマ)に小学試験課題が、1つ選んで読んで意味を言うように先生に言われるが、母スゴンとの約束を思い出し、私は分かりませんと答えるヨニン君(クマ)。
大丈夫だ。知らないことは恥ずかしいことじゃないと慰める王・・・。
スギ様(トンイ)が卑しい身分だからヨニン君様の教育ができなかったのですと言う先生に、母上は私に小学を教えてくれました。小学を覚えました。それなのに何で母上を侮辱するのですかと言い返すクマ。
嘘をついてはいけません。この場で小学を暗唱できますかと言う先生に、小学は駄目です。中庸な大学では駄目ですか・・・小学は駄目と言いましたが、中庸、大学は駄目だとはいいませんでしたと言い放つクマ。
王が出す中庸、大学の質問に全て答えるクマであった。

次話へ。

スポンサーリンク