同伊(トンイ)50話

スポンサーリンク

同伊(トンイ)50話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:ハンヒョンジュ(同伊[トンイ]役)、チジニ(スクチョン王役)、イソヨン(チャンヒビン役:王の側室)、ペスビン(チャチョンス役)、チョンドンファン(オテソク大臣役)、チェチェロ(オユン役:軍部役人)、チョンジニョン(ソヨンギ役:軍部役人)

スゴンをチュンジョンにして・・・そうすれば、世継もヨニン君も無事でいられます。王室を・・・と遺言を王に残し、息を引き取るチュンジョンであった。

王の御前で。
チャンヒビンをチュンジョンにと押すヒビン配下の忠臣達。

チャンヒビンの部屋で。
世継の病気について王様には話さないつもりです。だから、世継が無事に王位につけるでしょう。機会を得たいのです。ヨニン君に権力より人生を与えたいのです。貴方様が恐れることはありません。だから、信じてくれませんか。兄弟として生きることはできませんか。あの時のように貴方様を信じたいのですとチャンヒビンに話すスゴンだが・・・。

一方、ヨニン君と共に薬剤庫にく世継王子。
ヨニ君が持って来た漢薬を全て使う病気が子供を作れない病気だと知り、落胆する世継王子。

スゴン(トンイ)をチュンジョンにするという命を出す王。
それを聞いて、スゴンの元へ向かうチャンヒビン。
お前が言ったことに対する答えを持って来たと言うチャンヒビン。
世継とヨニン君の為に、最後の機会を使うと言うチャンヒビンだが・・・。

師匠と勉強中のヨニン君。
チャンヒビンの兄の策略で、本の中に、世継王子が世継になる為の本が・・・。
そこへ役人が・・・。

次話へ。

スポンサーリンク