金首露(キムスロ)16話

スポンサーリンク

金首露(キムスロ)16話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:チソン/子役パクコンテ(キムスロ役:伽耶初代王)、ユオソン(シンギガン役:部族長)、コジュウォン/子役ウォンドギョン(イジンアシ役)、ソジヘ(ホファンオク役:巨商ホジャンサンの娘)、イピルモ(ソクタル役)、チャンドンジク(ユチョン役:スロの師匠)、カンビョル(アヒョ:スロの恋人、サロ国王女)、ペジョンオク(チョンギョン妃役:スロの実母)、イヒョジョン(イビガ役:クヤ国神官・長)

亡くなった鍛冶長(夫)の墓の前で。
自殺するスロの母だが・・・一命を取りとめ・・・。

ファンオクの家で。
一方、シンギガンの手紙で、母がシンギガンと婚姻したことを知るスロ。
クヤ国に行こうとするスロに、罠だ。とても危険だ・・・と反対するファンオク、師匠ユチョン。
シンギガンがお前を必要としているみたいだなと言うソンド首領に、鍛冶技術の為に俺が必要だということでしょうと答えるスロ。ならば、行って、直接お前の目で見て来いと言うソンド首領であった。

クヤ国、イビガの屋敷で。
天君軍を組織し、シンギガンを攻めるチョンギョン妃、イジンアシ。
シンギガンは取り逃したが、屋敷を制圧するチョンギョン妃、イジンアシ。

シンギ村シンギガンの屋敷で。
シンギガンに会うスロ。
手を広げ…よく来た俺の息子とスロを抱くシンギガン。
受け止めてくれるだろと言うシンギガン。シンギガンを新しい父として受け入れてくれと言うスロの母。
母に何をしたんですかと言うスロに、俺もお前の母もひとりで長い間過ごして来たじゃないかと言うシンギガン。
シンギガンの胸元を掴み、俺の母を侮辱するな。俺の母はそういう人じゃない。俺を殺そうとしていたのに、息子にするって・・・それを信じろというのかと言うスロに、状況が変わった。お前が俺に力を貸してくれ。信じられるのはお前しかいない。考えてくれと言うシンギガン。無言で去って行くスロであった。

林の中で。
どう過ごしていたと聞くスロに、帰って来たの。もう離れたくないと言うアヒョ。
アヒョを抱きしめるスロ。

海岸で。
ふたり、歩き・・海岸に座り・・・。
ボーッとしているスロに海水をかけるアヒョ。キスをする二人であった。

シンギガンの家で。
シンギガンの留守に母に会い、シンギガンがどんな方法でお母さんを脅迫したのですか。私を殺すと言ったのですか。それでも、私を信じてくれなければ・・・そうでなければ・・・と言うスロに私が死ななければいけなかったと言うのか。シンギガンは脅迫していない。私を大切にしている。だから、シンギガンにはむかってはいけないと言うスロの母。
お前がどんなに凄い運命を背負っているのか忘れてはいけないと言うスロの母に、自分の為に、こんな生き方をしてはいけません。行きましょうと言うスロだが・・・。私は行かない。シンギガン、アイツが分からないのか。私が出て行ったら、シンギガンの手で二人とも殺される。そんなことも分からないのかと言うスロの母に、だからといって母を置いておくわけには・・・一緒に行こうと言うスロだが・・・。世間のどこに、自分の命を救う為に息子を売る母がいるというのか。早く行きなさい。お前が強くなることだけが、母が地獄から抜け出せる道だ。早く行け・・・とスロを外に出すスロの母であった。

次話へ。

スポンサーリンク