金首露(キムスロ)18話

スポンサーリンク

金首露(キムスロ)18話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:チソン/子役パクコンテ(キムスロ役:伽耶初代王)、ユオソン(シンギガン役:部族長)、コジュウォン/子役ウォンドギョン(イジンアシ役)、ソジヘ(ホファンオク役:巨商ホジャンサンの娘)、イピルモ(ソクタル役)、チャンドンジク(ユチョン役:スロの師匠)、カンビョル(アヒョ:スロの恋人、サロ国王女)、ペジョンオク(チョンギョン妃役:スロの実母)、イヒョジョン(イビガ役:クヤ国神官長)

神女を拷問するチョンギョン妃。
早く言え。クヤ国の主人は誰だ・・・と聞くチョンギョン妃に、クヤ国の主人はスロです。天君夫人(チョンギョン妃)が産んだ息子、スロなのです・・・と叫ぶ神女。

一方、チョンギョン妃の刺客に襲われ、斬られ、師匠と共に倒れこむスロ。そこへソクタルが・・・。
スロ、俺だ。分かるか・・・

チョンギョン妃の館で。
チョンギョン妃の腕に刻まれた刺青を見て驚くファンオク。
スロ様もその模様を持っていますと言うファンオクに、どこにと聞くチョンギョン妃。
同じ模様が刻まれた首飾りを持っていますと答えるファンオク。
スロが・・・と驚き、スロの元へ馬を飛ばすチョンギョン妃。

倒れているスロと人質になっているアヒョの前で。
お前を産んだ。天君夫人の意志だ。本当の息子だと知らずに殺せと命じたのも運命だ。スロ・・・お前が剣を抜いた時に、俺を殺していれば・・・刺客に殺せ・・・と命じるソクタル。

そこへ、止めろ・・・とチョンギョン妃が。
スロ・・・とスロを抱き寄せるチョンギョン妃。
早く・・・スロを館に連れて行け・・・と叫ぶチョンギョン妃。

チョンギョン妃の館で。
(スロを殺そうと)ソクタルが連れて来たヨン国の医師が処方した薬で、血を吐くスロ。
そこへ、ソンド首領が連れて来た漢国の医師が・・・毒が多い薬草を使ったんだな。早く解毒しないといけないと叫ぶ漢国の医師。漢国の医師に任せることにするチョンギョン妃。

チョンギョン妃の館で。
スロの手を握り、意識が戻ったの。分かると声を抱えるアヒョ。
ごめんなさい。貴方を守れなくてと心の中で思うアヒョであった。

神殿で。
最後に確認しに来ましたと言うイジンアシに、天の意志を受け入れてくださいと言う神女。
神の志を読むのも人間じゃないですか。それなのに何で確信できるのですか。
神託は天君後孫(イジンアシ)が生まれる1年前、スロ様がクヤ国に来られた時には既に降りていましたと答える神女。
では、何で父は話してくれなかったのですかと聞くイジンアシに。天君夫人(チョンギョン妃)の欲が深くて、ただ言えなかっただけだと思いますと答える神女。
では、俺はどうやって生きれば。受け入れることはできません。スロだから・・・特に受け入れられません。相手がスロじゃなければ・・・俺がクヤ国の王になれないなんて考えたこともないと叫ぶイジンアシであった。

チョンギョン妃の館で。
スロの前で、受け入れられない。お前の影として生きることはできないとスロを殺そうとするイジンアシ。
スロへ、剣を振り下ろすイジンアシであった。

次話へ。

スポンサーリンク