金首露(キムスロ)7話

スポンサーリンク

金首露(キムスロ)7話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:チソン/子役パクコンテ(キムスロ役:伽耶初代王)、ユオソン(シンギガン役:部族長)、コジュウォン/子役ウォンドギョン(イジンアシ役)、ソジヘ(ホファンオク役:巨商ホジャンサンの娘)、イピルモ(ソクタル役)、チャンドンジク(ユチョン役:スロの師匠)、カンビョル(アヒョ:スロの恋人、サロ国王女)、ペジョンオク(チョンギョン妃役:スロの実母)、イヒョジョン(イビガ役:クヤ国神官・長)

野原で。
お前は父の顔を覚えているか。俺も俺を産んでくれた母に会いたい。本当に会いたい(チョンギョン妃が自分の実母だとも知らずに)・・・と馬に話しかけながら寝込むスロ。

早く、イジンアシを王にしなければと目論み、各部族長に鋼鉄剣を贈るチョンギョン妃。
一方、はぐれ者達の頭目として喧嘩三昧をして過ごすスロ。

イビガの鍛冶場をつぶす為に、鉄鉱石がイビガの鍛冶場に供給されることを阻むシンギガン。
直接、鉄鉱石を生産している部族に供給を頼むイビガだが、シンギガンに勝てる兵力がなければ難しいと拒否され・・・。

イビガの鍛冶場で。
スロがシンギガンの配下として動いているという噂があるとチョンギョン妃に話すイジンアシ、捕まえろと命じるチョンギョン妃に、そんなことはないと否定するイビガだが・・・。

神殿で。
クヤ国はとても混乱しています。もう時が来たのではないですか。神託を明かし、イジンアシを王子にしてくださいと言う神女に、神託の主人公がイジンアシでなければどうする。18年前、神託が降りたその日、その時間に生まれた子がいる。チョンギョン妃が産んだ子が生きている。その子はスロだと話すイビガであった。

次話へ。

スポンサーリンク