「シークレットガーデン」1話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「シークレットガーデン」1話 あらすじ

【登場人物】
主演:ハジウォン(キルライム役:スタントウーマン)、ヒョンビン(キムジェウォン役)、ユンサンヒョン(オスカー役)、イフィリップ(イムジョンス役)、キムサラン(ユンスル役)

百貨店VIPルームで。
革ジャンに、ジーパン・・・腕に刺青をしたキルライムが・・・。
店員を呼び、1億ウォン以上のVIPだけ入室出来る・・・入って来る時に身分調査をしたのと攻めるユンスル。
店員の名札を取って去って行くユンスル。
ユンスルを追いかけるライムだが、ユンスルの友達のカバンが強盗に盗まれ・・・仕方なく、強盗を追いかけ捕まえるライム。ユンスルの友達にカバンを返し、友達のカバンを取り返してやったから、さっきラウンジで起こったことはなかったことにして・・・ください。名札と言うライムに、ない。捨てたと言うユンスル。
ユンスルの襟を掴みゴミ箱まで連れて行き、探せと命じるライムに、これでいいでしょとカバンから名札を出すユンスル。そこがゴミ箱みたいだな・・・とユンスルの持っていたゴミをユンスルのカバンの中に放り込み去るライムであった。

撮影所で。
映画の撮影でアクションスタントを繰り広げるライム。
スタッフに良かったと声を掛けられ、喜ぶライムだが・・・、同じ衣装を着ているからって、主人公だと思っているの。スタントのくせに・・・と主人公に言われ落ち込むライムであった。

撮影所で。
主人公と剣術の練習をするライム。
突然、剣でライムを思いっきり切り捨てようとする主人公だが、体重移動を失敗し、大道具の上に倒れこむ主人公。その主人公をかばってライムが下敷きに・・・。割れたビンで腕を怪我するライムだがすばやくジャケットを着て隠し・・・指を怪我したと泣き叫ぶ主人公・・・映画監督が来て、女優の指を怪我させるなんて・・・撮影できなかったどうするんだと叫び散し、すみませんと何度も言うライムの元へイムジョンスが・・・。
何が申し訳ないって・・・ライムの腕を持ち、こいつは大丈夫に見えるんですか。お前も(ライム)女優だ。誰かは爪を怪我しただけで泣いているのにと言うイムジョンスに、チームを外されたいのかと言う映画監督。
そんなことを言わなくても出て行きます。こんな現場では俺の子達を守れません。すぐに荷物をまとめろと去って行くイムジョンスであった。

今、撮影中で出られないから、代わりに、映画の主人公パクチェリンを連れて来てほしいとキムジェウォンに頼む俳優オスカー。撮影現場に行くキムジェウォンだが、ライムを主人公と間違え、オスカーの元へ連れて行くのであった。

車の中で。
二人で初めて会ったホテルで会おうと(オスカーが)言っていたけど、どこだと聞くキムジェウォンに、ホテルリッチ2519号と答えるライム。

ホテルで。
2519号室にエレベータで先にライムを行かせ、階段で部屋まで登るキムジェウォン。だ
息を切って部屋に入るキムジェウォン。不便じゃないか。トイレに行くのにも俺と二人でいないといけないのけどと言うキムジェウォンに、職業柄男性だけを相手にするから・・・と言うライム。一人、二人じゃないな・・・オスカーに会ってからどれぐらいたったと聞くキムジェウォンに、ずいぶんたったわ。私を記憶しているとは思わなかったわと答えるライム。兄貴みたいなトップスターからは普通いくら貰うのか。慰謝料をいくら貰うのかと聞くキムジェウォンに、ギャランティーのことを言っているの。トップスターだからといって違うことはないわ。地方とか野外はちょっと高いけど・・・屋上とか・・・車の中は高いわ。疲れるからと言うライム。不便だし、狭いし、それなのに、男性は好きだから・・・と言うキムジェウォンに、そうでしょ。男達はスピード感があるのが好きだからと言うrタイム。恥ずかしくないのか。映画の主人公までやる人がと言うキムジェウォンに、主人公、ところで私の名前は・・・と聞き返すライム。パクチェリンと言うキムジェウォンの言葉で、笑い転げるライム。パクチェリンでないことを知るキムジェウォンであった。

パクチェリンに会いたいのか。なら、車の鍵を出せ・・・と凄まじいスピードでBMWを走らせ、撮影所に、着いて吐きそうになるキムジェウォンに、男は車のシーンが好きなんだろ。私と同じ服を着た女を捜せ。そいつがパクチェリンだと車のキーを投げるライムであった。

撮影所で。
変わった仕事をしているな。頭が悪いのかと言うキムジェウォンに、気になるの。教えてあげようかと言いキムジェウォンの足を蹴るライム。ライムの腕から血が流れていることに気がつき、本当に怪我したのか。馬鹿なのか。体も熱いじゃないか・・・とライムを車に乗せ、病院に・・・車を降りて去ろうとするライムを抱きかかえて、病院に入って行くキムジェウォンであった。

次話へ。

スポンサーリンク