同伊(トンイ)55話

スポンサーリンク

同伊(トンイ)55話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:ハンヒョンジュ(同伊[トンイ]役)、チジニ(スクチョン王役)、イソヨン(チャンヒビン役:王の側室)、ペスビン(チャチョンス役)、チョンドンファン(オテソク大臣役)、チェチェロ(オユン役:軍部役人)、チョンジニョン(ソヨンギ役:軍部役人)

王の御前で。
罪人チャンヒジェとユン氏は王室を欺瞞する事を成した。このことに関連した全ての者を罪によって、死罪か幽閉に処する。そして、ヒビン、チャン氏も許すことはできない。ヒビン、チャン視に毒薬を飲ますと言い放つ王であった。

宮殿で。
死刑の執行が…。
どこかで私を見ていますか。嘘でした。王様を想ったことを後悔していると言った言葉は嘘でした。王様の心に欲を持ってはいけないと知っていながら、全てを得ようとしたのは私でした。そう想っているからからこそ、馬鹿なことをしたのも私だということを知っています。傷つけた私を許してください。最後の私の姿を見てくださいという私を…最後の欲…しかし、覚えておきたかったのです。私を私の最後の姿を誰よりも王だけに…だから、王様…覚えておいてください…私を…と毒を飲むチャンヒビンであった。

宮殿内の展望台で。
その光景を見、柱にすがりつき、涙する王であった。

王の御前で。
スッピン(トンイ)をチュンジョンにと言う忠臣と他からチュンジョンを…と言う忠臣達の対立が…。

スッピン(トンイ)の部屋で。
一方、私がチュンジョンの座に着けば、私がするなと言っても、世継王子を追い出そうとするはずですと言うスッピンに、では、貴方様とヨニン君様の命が…と心配するチョンス。
では、皆が王にならなければ…、世継王子もヨニン君も生きられる方法があるはずです。私は放棄しません。全てを失ってもいいのです。こんな座なんてどうなってもいいのです。私の全てと命を掛けても、必ず、世継王子とヨニン君を守りますと言い放つスッピンであった。

宮殿で。
誰よりも傷ついているのは世継王子です。私はチュンジョンの座に着きません。それが王室の悲劇を止める方法です。側室がチュンジョンの座に着くことが可能であった為、ヒビン様は欲望にとらわれたのです。その為に、全ての者が傷ついたのです。また、私が側室の立場でチュンジョンになったなら、王室に同じ悲劇が起こりますと言うトンイに、お前が得れる物を全て捨てるのかと聞く王。
もっと大切な物があるからです。もっと得て、もっと上に行くよりも、もっと大切な物です…。私がその大切な物を失くさないようにさせてくださいと頼むトンイであった。
新しいチュンジョンを迎えることを決意する王。

新しいチュンジョンが宮殿に…。
配下の進言で、ヨニン君を宮殿から出す為に、婚姻させることにするチュンジョンであった。
それを聞いて、驚くスッピン。

次話へ。

スポンサーリンク