同伊(トンイ)57話

スポンサーリンク

同伊(トンイ)57話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:ハンヒョンジュ(同伊[トンイ]役)、チジニ(スクチョン王役)、イソヨン(チャンヒビン役:王の側室)、ペスビン(チャチョンス役)、チョンドンファン(オテソク大臣役)、チェチェロ(オユン役:軍部役人)、チョンジニョン(ソヨンギ役:軍部役人)

宮殿で。
王様の跡をついで王になるのは世継王子だけです。しかし、ヨニン君が生き残れる道も…ヨニン君が王になることだと思っていますと言うスッピン(トンイ)に世継王子とヨニン君、二人とも王位に付け、二人とも生かすということか。分かった。お前らしい考えだ。お前だからこそ見れる夢だなと言い、王の執務室に帰っていく王であった。

王の執務室で。
しかし、二人同時には無理だ。この国の王子は、決してふたり同時にはなれない…と考えにふける王であった。

王の御前で。
今後、跡継ぎに関する論争を許さない。俺の後を継ぐのは…次の王位に付く者はここにいる世継王子だけだ。世継王子が王位を継ぎ、政務を行うのに不足がないように、会議に世継王子を参加させる。そして、もうひとつ、この場で発表することがある。スッピン(トンイ)のことだ。宮殿から出す…と宣言する王であった。

スッピンが住むことになる家の前で。
ここだ。お前が宮殿を出て住むところだ。どうだ、気に入ったかと言う王に、私が住むには大きすぎるみたいですと答えるスッピン。覚えているか。以前、俺がお前を宮殿の外に出した時のことだ。あの時、俺が一緒に逃げようと言っただろ。本当にそう思っていた。他の物を全て捨ても…。その思いは歳月が過ぎても変わっていない。お前はここで住むことになる。しかし、お前ひとりじゃない。俺もお前と一緒にここに住むと言い放つ王であった。

お前が世継王子もヨニン君もふたりとも王位に付かないといけないと言っただろ。そうすれば、皆が生き残れると。知っているか。それがお前が俺に初めて要求した欲だった。それは俺が心にしまいこんだ夢でもある。末裔を残せない世継王子の後をヨニン君が引き継げば、どんなにいいか。そう思っていた。しかし、王は一人でなければならない。そうすれば王権を守れ、朝廷を治めることができる。王である俺がいる以上、世継王子とヨニン君は一緒に王位に付くことはできない。世継王子に王位を譲る。王位から退き、世継王子を王にして、ヨニン君が(新しい王)の世継として、後に王になれるだろうと言い放つ王であった。

秘密裏に事を進めて来た王であったが、兵曹参判にその秘密がばれ、ヨニン君が王位に付くことを防ぐ計略を考える兵曹参判。
宮殿に王はいない、世継王子も体が弱く、非常事態だ。こういう時の宮殿の中心はチュンジョン様だ。チュンジョンは俺の考えのままだ。だからチュンジョンを利用してヨニン君、スッピン、その配下全てを排除することにする兵曹参判であった。

…スッピンへの王の手紙…
長旅になるから…俺が戻れば、お前は宮殿を離れていることだろう。しかし、忘れるな。お前をひとりにしないという言葉を…。チュンジョンの座を放棄し、世継王子、ヨニン君、そして俺を守ろうとした。今度は俺がそうする番だ。お前と一緒に過ごせる一生を得たのだから…だから俺を信じて待っていてくれ。お前が守ろうとした夢を俺が守る…と。

次話へ。

スポンサーリンク