金首露(キムスロ)25話

スポンサーリンク

金首露(キムスロ)25話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:チソン/子役パクコンテ(キムスロ役:伽耶初代王)、ユオソン(シンギガン役:部族長)、コジュウォン/子役ウォンドギョン(イジンアシ役)、ソジヘ(ホファンオク役:巨商ホジャンサンの娘)、イピルモ(ソクタル役)、チャンドンジク(ユチョン役:スロの師匠)、カンビョル(アヒョ:スロの恋人、サロ国王女)、ペジョンオク(チョンギョン妃役:スロの実母)、イヒョジョン(イビガ役:クヤ国神官長)

チョンギョン妃の陣営で。
私が出てはいけませんか。皆が感情的になって、サロ国にも我々にも得る物がありません。こういう時こそ冷静になって対話で問題を解決しなければいけません。私が双方に会い対策を探して見ますと提案するファンオク嬢であった。

イジンアシの砦で。
対話をする前にアヒョ王女を楽な場所に移動させてくださいと言うファンオク。
(サロ国王の要望は)アヒョ王女を開放し、サロ国連合軍が国境を越え撤収するまで、王女の身辺を擁護しろという条件です。同意しますかと言うファンオク嬢に、チャンソ国に最初に進入して来たのは奴らです。それに対する責任は誰も取らないのですかと言うイジンアシ。お互いがひとつずつ譲歩しなければ、取引は成り立ちませんと言うファンオク嬢。我々にも条件があります。今回の戦争を起こした張本人に責任を取らせないといけません。シンギガンは今回の侵略の責任を取り、シンギ村を放棄し、クヤ国を出ないといけません。この条件を飲まなければ、アヒョはサロ国の地を踏むことはできませんと言い放つスロ。
それを伝えにサロ国向かうファンオク嬢。

大変な要求をしたのではないか。万一、取引が壊れたら…と言うイジンアシに、チャチャ王がアヒョの父なのか、サロ国の冷血な君主なのか、試そうとそう言ったのだ。シンギガンを追い出せなくても、撤収はするはずだ。うまくいけば、サロ国軍も追い出し、シンギガンも追い出せる…一石二鳥になると言い放つスロであった。

ファンオクを途中まで送るスロ。
お嬢様が心配です。俺があんな条件を出したから、シンギガンがお嬢様に何をするか心配ですと言うスロに、この緊迫した状況で重要な私を簡単に殺すことは無いでしょう。私はスロ様の為に何でも出来ますと言うファンオク嬢。お嬢様を頼む…と師匠ユチョンに頼むスロ。

シンギガン、ソクタルの陣営で。
いつまでこのままでいるつもりですか。アヒョ王女が死にそうです。アヒョ王女が死んだら、皆様の首も飛ぶと思いますが…私が思うには、意地を張っているように思われます。アヒョ王女を解放する代わりに、サロ国軍を全て撤収させろということです。シンギガンがシンギ村を出ないといけないという条件もついていますと言うファンオク。怒るシンギガンだが、俺が指揮官だ。チャチャ王と協議すると言うソクタル。

サロ国の陣営で。
アヒョの叔母、ソクタル、イジンアシ、スロが揃い、明日、クヤ国の天君団が撤収し、その次の日、サロ国連合軍が撤収します。サロ国連合軍が国境を越えたらすぐ私がアヒョ王女を連れに来ます。シンギ村の問題は、チャンソ国の要求通り、シンギガンがサロ国に行くことになりましたと説明するファンオク嬢。

チャンソ国、イジンアシの砦で。
もう戦争も終わったからクヤ国帰ろうと言うスロに、俺は帰らない。ここに骨を埋める。ここで国を作る。スロ…お前はクヤ国の王になる十分な資格がある。母上を失望させるな。ある時は(俺が王になる)と思っていた。しかし、俺にはその資格が無い。心との戦いを乗り越えることができなかった。それは王になる器ではないということだ。お前がいる。知っているか…俺がお前を羨ましく思っていたことを…幼い時から…堂々とした。熱い奴だったと言うイジンアシに、お前が俺をそんなに好きだったのを知っていたなら、もっと、早く親しくなれたはずなのに…残念だと言うスロ。俺の為にしてくれたことは一生忘れないと手を差し出すイジンアシ。握手する二人であった。

チャンソ国で。
シンギガンが送った刺客がアヒョの元へ。
戦うが、結局捕まり…シンギガンの元へ。
無事でいられると思うのか、持っている物を全て奪われ、お前の首を切って、チャチャ王に投げてやりたいが…スロがお前を殺したという無実の罪を負わせる…とアヒョを殺すシンギガンであった。

一方、アヒョがいなくなったことを知り、アヒョを捜しに行くスロ。
目を開けろ。しっかりしろ。生きられるとアヒョを抱き寄せるスロだが、許してください。愛しています…とスロの目の前で亡くなるアヒョであった。駄目だ…と涙しながら、叫ぶスロだが…。

サロ国で。
アヒョの遺体をサロ国まで運ぶスロ。
俺の娘をこんなにしたお前が何で俺の前に来たのか。死ぬ前に言いたい事を言えと言うチャチャ王に、アヒョ王女を守れず、こんなことになってしまった罪は死に値すると考えます。王女様を守れなかった俺の命で、死の代価を払おうと思います。ただ、クヤ国を攻めるという考えは取りやめてください。誰が(アヒョを殺したのか)したのかは分かりません。しかし、王女を守るべき私が責務を果たせなかったので、罰を受けるに値しますと言うスロであった。王女様を殺した者がこの場にいます。シンギガンです…と言い放つソクタル。

次話へ。

スポンサーリンク