金首露(キムスロ)27話

スポンサーリンク

金首露(キムスロ)27話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:チソン/子役パクコンテ(キムスロ役:伽耶初代王)、ユオソン(シンギガン役:部族長)、コジュウォン/子役ウォンドギョン(イジンアシ役)、ソジヘ(ホファンオク役:巨商ホジャンサンの娘)、イピルモ(ソクタル役)、チャンドンジク(ユチョン役:スロの師匠)、カンビョル(アヒョ:スロの恋人、サロ国王女)、ペジョンオク(チョンギョン妃役:スロの実母)、イヒョジョン(イビガ役:クヤ国神官長)

イジンアシの館で。
イジンアシの配下をイジンアシの元へ連れて行き、剣を向け、弁解できるか…と言い放つスロ。
俺に剣を自ら向けるべきだった。お前には失望したと言い放つスロ。
天君后嗣(イジンアシ)には罪がありません。天君后嗣は何も知りません。私、ひとりでやったことです。私は天君后嗣が王になることを信じて生きて来ました。スロ様が天君夫人の息子だということが明らかになり、天君后嗣がスロ様の後になり、天君夫人様も天君后嗣様への期待を失くしてしまったではありませんか。天君后嗣様が何か悪いことをしたというのですかと言うヨンビョンに止めろと言うイジンアシ。一言言いたかったと自ら自害するヨンピョンであった。

クヤ国、チョンギョン妃の館での会議で。
ナンナン国の太子が来る前にスロの王位就任式をしたら…と言うソンド首領。
ナンナン国との友好に何でそんなに執着するのですかと聞くスロに、国として認められるには、ナンナン国の認定が必要だと言うチョンギョン妃。私は王位には関心がないが、誰が国を建てるにしろ、自国の力を付けることが一番重要だと思いますと言うスロ。そうとは言えません。外国との円満な関係も重要なことです。特に、我々、クヤ国のように、貿易を中心にして運営していかなければならない以上、もっとそうだと思いますと言うファンオク嬢であった。ナンナン国の使者が来たら、国を建てる実力があることを見せないといけないと思いますと言うチャンギョン妃。それと、スロが王位に付くなら、王宮も造らないといけないと言うソンド首領。
そういう理由で私が王になれないというのです。資金はどこから出るのですか。どういう理由で強制労働をさせようというのですかと言うスロに、スロ様のお考えがそうなら失望しましたと言うファンオク嬢。
スロ様が反対する王様を他の国ではどうして立てようとするのですか。民は王を認めているのですか。王がいたなら、今このような状況に陥ってはいません。王と民が取引をするのです。王は民を保護し、民は税金を納め、王と民がひとつの国の主体になるのです。スロ様、約束してください。ここにいる人達を失望させることを二度としないと…言い放つファンオク嬢であった。

海岸で。
怒りましたか。私ももう言いたいことを言わなければなりません。スロ様は世界を理想的に見過ぎています。スロ様が道に迷えば、教えるのが私がしなければいけないことだと思います。私でなければ、誰が進んでこんなことを言いますか。スロ様はもう私の男です。もう誰にも譲りませんと言うファンオク嬢。ファンオク嬢の手を握り、歩くスロであった。

クヤ国で。
ナンナン国の太子が到着し・・・宴会に・・・。
クヤ国を率いていく王になるとスロを紹介するチョンギョン妃。
酒を注げ・・・とファンオク嬢を指名するナンナン太子に、申し訳ありませんが、私の嫁になる娘ですと答えるチョンギョン妃。そうとしても出した手が恥ずかしいので、一杯程度は注いでくれと言う太子。
そうしますと立とうとするファンオク嬢の手を掴むスロだが・・・酒を注ぎに・・・ファンオク嬢の手を握り、まだ、息子さんと結婚した訳ではないので、私にプロポーズする機会を与えてくれませんか。人生を掛けてもいい女性に出会いました。私にも機会をくださいと言う太子であった。

館の通路で。
俺にお前の女を譲る気があるのかと言う太子を殴り倒すスロ。
そこへ、ファンオク嬢が・・・。
俺の女に手を出すな・・・両国の友好の為に、クヤ国の苦い味を味あわせた。覚えておいてください。同じ、失敗をしないようにしてくださいと言い放つスロであった。

海岸で。
スロ様の力になる人です・・・と言うファンオク嬢に、今日のようなことが起これば、私は我慢しません。お嬢様は私がおとなしくしていることを望んでおられるのですかと言うスロ。笑いながら、スロ様が立ち上がらなければ、寂しかったはずですと言うファンオク嬢であった。

次話へ。

スポンサーリンク